ここから本文です

【本当に売れた時計-なんでもランキング2019】いま狙うべき、スマートウオッチBEST10

2019/12/6(金) 11:49配信

ウオッチライフニュース

タッチスクリーン式がランキング上位を独占

 時計の購入を考えている皆さんのために、2019年に本当に売れたモデルを徹底分析。全国の有力時計ショップにアンケート取材を敢行し、ユーザーから支持を集めているモデルをカテゴリーごとに選出した。今回は、機能とデザインの両面で進化を続けるスマートウオッチの売れ筋BEST10を紹介していこう。

 近年、デザインに加えて機能面で革新的な進化を遂げているスマートウオッチ。海外の市場を見てもスマートウオッチが通常の腕時計を超える売り上げを実現するなど、その存在感は急速に高くなっている。
 2015年にアップルウオッチが登場した当初はまだ実用性という面でも、バッテリーの持ち時間、接続が切れやすいなどの弱点が見られたが、現在は技術も向上しており、日常生活で使用できる確かな実用性を備えたモデルが各ブランドからリリースされている。
 もちろん、機能だけでなく時計としてのデザインや質感に対するクオリティも向上しており、時計好きでも満足感を得られるデザイン、独自の機能を備えたモデルがシノギを削る激戦区となっているのだ。

 人気ランキングの傾向に関しては、圧倒的に定番の“タッチスクリーン式”の人気が高く、逆に一時期、スマートウオッチのジャンルで存在感を強めていたアナログ式のスマートウオッチが存在感を弱めた印象。有機ELディスプレイを採用したモデルが登場するなど、画面のクオリティも格段に向上しており、操作性という点からもタッチスクリーン式を選ぶユーザーが多い。
 アナログ式は針で機能を表示するぶん、やや機能が制限されることが弱点となっており、今後、この点を克服してアナログ式がどのような進化を遂げるのかも、スマートウオッチの注目ポイントとなっていきそうだ。

》編集部のおすすめモデル-其の1

CASIO(カシオ)
プロトレック スマート
 時計好きはもちろん、アウトドア愛好家からも人気の高いアウトドア向けリストデバイス“プロトレックスマート”。最大3日間のアクティビティーでもオフライン地図の利用、GPSによる位置情報記録が可能な機能に加え、実装の見直しにより、従来のモデルに比べて縦横ともに3.9mm、厚さ0.4mmのサイズダウンを実現。細身の腕にも似合うスマートなデザインに仕上げられている。
 ベゼルには、樹脂にメタルのような光沢をもたせるナノ加工を施すことで、高い質感を醸した。
 価格は6万7100円で、問い合わせ先はカシオ計算機 お客様相談室(TEL.03-5334-4869)まで。

1/4ページ

最終更新:2019/12/6(金) 11:49
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事