ここから本文です

『ドラクエ4コマ』で活躍、浅野りん先生インタビュー 『であいもん』誕生の理由

2019/12/6(金) 17:10配信

マグミクス

『ドラクエ4コマ』とオリジナル作品で人気を集める

 1990年にエニックス出版(現:スクウェア・エニックスの出版部門)から第1巻が発行された『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場(以下、ドラクエ4コマ)』は、当時のドラクエファンの子供たちを熱狂させた人気作で、現在でもSNSでたびたび思い出が語られています。シリーズは続々と発行され、読者投稿の企画『ドラクエ4コマクラブ』から多数のプロ作家を輩出しました。

【画像】浅野りん先生による美麗な『ドラクエ』のイラスト

『ドラクエ4コマクラブ』に投稿作品が掲載され、さらにオリジナルストーリーでも「月刊少年ガンガン」の新人賞を受賞。『ドラクエ4コマ』とオリジナル作品、それぞれに多くのファンを持つ浅野りん先生にデビュー当時の思い出と、現在の活動についてお話を聞きました。

ーー初めて読んだ『ドラクエ4コマ』は?

 出会いは、友人に借りた1巻だったと思います。2巻が出た時に、1巻と2巻を買いました。各作家さんの個性が出ていて、4コマとしての完成度とともにドラクエの攻略本のように使っていました。

ーー『ドラクエ4コマクラブ』に応募しようと思ったきっかけは?

『ドラクエ4コマ』の巻末にあった応募要項を見て、友人に誘われる形で応募しました。その頃は原稿用紙もマンガの道具も知らず、画材店に行って知識としてあるだけのGペンと画用紙と、数枚のスクリーントーンを買って……。当時は製図講座を受けていて、ロットリングやデザインカッターなどは持っていたのでそれも使って。

 中学の頃にマンガ同好会に入っていたのでイラストは仕上げたことがあったのですが、原稿として形にして完成させたのは『ドラクエ4コマクラブ』の投稿が初めてです。

ーープロ作家としてデビューした経緯は?

 1992年に「月刊少年ガンガン」の「ビッグルーキー大賞」で佳作を受賞し、1年後「フレッシュガンガン」で、読み切り『プロブレム・ハウス』でデビューしました。

 2作目の読み切りが掲載された時に、『ドラクエ4コマ』の編集部から「ドラクエ4コマ応募していたでしょう、こちらでもやってみませんか?」と声をかけられました。私が投稿していたのを覚えてくださっていたんです。

 実は、「ガンガン」に応募する前に編集部から「ドラクエ4コマでデビューしませんか?」と手紙をいただいていたんですが、ストーリーマンガを描きたかった気持ちが勝ってしまって断っていたんですね。なので、すごくびっくりしました。もちろん、ふたつ返事でOKです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/7(土) 12:33
マグミクス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事