ここから本文です

「得意クラブは全部!振りやすさを大事にしています」アマチュア優勝を挙げたプラチナ世代・古江彩佳の14本

2019/12/6(金) 11:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

2000年生まれ、兵庫県出身の古江彩佳(ふるえ・あやか)。3歳でゴルフを始め、アマチュアとして多くのタイトルを獲得し、ナショナルチームのメンバーとしても戦った。2019年10月に行われた富士通レディースで優勝し、プロ転向した大物ルーキー。そんな彼女の選ぶ14本のクラブとは?

古江彩佳のクラブセッティングはこちらから

ティショットでゴルフを組み立て。重視するクラブはドライバー!

富士通レディースで史上7人目となるアマチュアでのツアー優勝を飾り、プロ転向を果たした古江彩佳。彼女は、父からはアドバイスを受けたことはあるが、今まで本格的に誰かに習った経験がないという異色のプロ。そんな古江に得意クラブは? と聞くと、「すべてのクラブです。どのクラブも苦手だと思ったことがない」と返ってきた。

それでは、最も重要視しているクラブは何か。

「私はティショットでゴルフを組み立てるので、フェアウェイキープを重視しているんです。そういう意味ではドライバーが一番大事かなと思っています」。

クラブのこだわりや好みについて聞くと、それについても「とくにないんです。父にすべて任せていて」とこれまた驚きの回答。

「構えたときに変な感じがしたり、うまく打てなかったりというのはありますけど、そのうち打っていれば慣れてくるかなって。でも、振りやすいのは大事です。言葉で上手く説明できませんが、自分のなかにある感覚で、“これはいい!”と思えるものがある。感覚は大事にしていますね」

感覚が鋭く、順応力もかなり高い。来シーズンはプロとしての初優勝がまずは第一目標になるだろうが、彼女だったらいとも簡単にそんな目標はクリアしてしまうだろう。

【古江彩佳の14本】
1W:ブリヂストン ツアーB XD-3(10.5度、スピーダー569 TR、硬さ:S)
3W・7W:ブリヂストン ツアーB JGR(15度・21度、スピーダー569 TR、硬さ:S)
4UT・5UT:ブリヂストンツアーB JGR(22度・26度、MCH(60)、硬さ:S)
6I~PW:ブリヂストン ツアーB X-CB(MCI(80)、硬さ:S)
AW・SW:ブリヂストン ツアーB XW-1(50度・54度・58度、MCI(80))、硬さ:S)
PUTTER:オデッセイ ストロークラボ TEN

週刊ゴルフダイジェスト12/17号「pro's spec」より。撮影/大澤進二

週刊ゴルフダイジェスト

最終更新:2019/12/6(金) 11:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事