ここから本文です

【NFL】未来はどうなるか分からないとブラウンズWRベッカム

2019/12/6(金) 23:52配信

NFL公式サイト日本語版

クリーブランド・ブラウンズの2019年は関係する全ての人々、つまり、ファン、オーナーシップ、ベテラン、ニューカマーなど、あらゆる面々にとって落胆のシーズンに他ならない。ニューカマーの一人であるワイドレシーバー(WR)オデル・ベッカムは、今季にブラウンズが失ったチャンスを代表する存在だ。

【動画】2019年第13週:ピッツバーグでブラウンズとスティーラーズが激突

今年のベッカムは試合平均でキャリアロウのキャッチ4.75回、67.1ヤードを記録し、12試合を通じてレシービングタッチダウンは2回しかない。以前のキャリア最低記録はケガで短くなった2017年の3回だった。

最もつらいのが、ベッカムや1年目のヘッドコーチ(HC)フレディー・キッチンズなどの存在をもってしてもチームの勝利にはつながっていない点だ。プレシーズンには少なくともポストシーズン進出が期待されながら、ブラウンズは残る4戦となった現在、5勝7敗でワイルドカードまでは2ゲーム差となっている。

そういった状況がブラウンズの未来のあり方や、そこにベッカムが含まれるのかに疑問をもたせている。現地5日(木)、ベッカムは自分のブラウンズにおける未来をどう見ているか問われ、明言を避けた。

『ESPN』によればベッカムは「未来がどうなるかなんて誰にも分からない。明日のことと同じようにね。何が起こるかなんて、俺からみんなに言うことなんかできないよ」と報道陣に話している。

「俺のロッカーは俺にとって世界で一番大事な人間の一人(ジャービス・ランドリー)のすぐそばだ。仕事にきて毎日ヤツに会うことがどんなにスペシャルなことかと思う。だから、この場でこれからもここいるつもりだとか、ここにいたいとか、いたくないとか言うことはできない。ここはまさに俺が今いるところであって、他のどこにもいたくない」

今を生きる、というのはシーズン中には優れた戦略だ。しかし、オフシーズンが来たとき、そしてそれはブラウンズにとってシーズン第17週の月曜日を終えたときになりそうだが、そのときにはキッチンズHCやベッカムを含めた面々に対する決断が必要になってくるだろう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 23:52
NFL公式サイト日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事