ここから本文です

K・ナバス、レアル・マドリー退団を振り返るも「なぜ起きたか分からない」

2019/12/6(金) 7:22配信

SPORT.es

ケイロル・ナバスは『El Chiringuito』のインタビューで今夏のレアル・マドリー退団について振り返った。しかし、コスタリカ人GKはまだこの出来事について説明できないようだ。

マドリー選手達がナバスにお別れ「人としてもGKとして10番」

ナバスはその件について掘り返すことは望まず、「それは過去のことだ」と述べたが、「なぜ起きたか分からないことがある。だが、それは起きたんだ」と語っている。

昨シーズン、ジネディーヌ・ジダンがマドリーに復帰した際には、ティボー・クルトワを正GKの座に据えた。しかし、ナバスは指揮官との間に何の問題もなかったと主張し、彼のサポートに感謝の言葉を述べている。
「ジダンとは素晴らしい経験がある。彼は私を何度も守ってくれた。私を信頼してくれていたし、彼に感謝したい」と明かしている。

「おそらく誰かがレアル・マドリーでの私の時代は終わったと考えていたと思う」とコメントし、5シーズン過ごしたクラブの去り方について、「小さい頃からレアル・マドリーでプレーしたいと思っていた。だから私の契約内容も知らずに“Yes”と言ったんだ。結果、私の人生を変えることとなった」とケイロル・ナバスは語っている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2019/12/6(金) 8:43
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事