ここから本文です

マカオ、フェリー乗船券転売常習の女逮捕…交通チケット投機販売容疑

2019/12/6(金) 11:37配信

マカオ新聞

 マカオ治安警察局は12月5日、マカオ半島新口岸地区にあるカジノ施設周辺で香港行きのフェリー乗船券を転売していたマカオ人の女(60)を交通チケット投機販売容疑で逮捕したと発表。被疑者は2017年9月以降、同容疑で5回の逮捕歴がある常習者だったという。

 4日午後4時頃、警察官がマカオ半島新口岸地区の羅理基博士大馬路(ロドリゴ・ロドリゲス通り)周辺をパトロールしていた際、カジノ施設に出入りする客に声掛けし、フェリー乗船券を転売している女を発見。すぐに制止し、所持品検査を行ったところ、転売用とみられる乗船券4枚が見つかった。

 女は警察の調べに対し、カジノ客から1枚あたり120香港ドル(日本円換算:約1670円)で買い取り、140香港ドル(約1940円)で転売して利鞘を稼ごうとしたが、買い手がつかなかったなどと供述したとのこと。警察では、女を交通チケット投機販売罪で送検済みとした。

 マカオの多くのカジノでは、ギャンブラーがプレイするごとにポイントが貯まる会員プログラムを用意しており、一定のポイントに達するとフェリーチケットやホテル宿泊券、家電製品などの賞品と引き換えることができる。

最終更新:2019/12/6(金) 11:37
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事