ここから本文です

脱「時給100円」へ...福祉施設で居場所としての『軽作業』そこに“喜び“を!人気パティシエの焼き菓子で目指せ10倍!

2019/12/6(金) 19:05配信

MBSニュース

大阪市のある福祉施設で、障がいのある人の作業に支払われる工賃は、実は大阪府の最低賃金のほぼ10分の1で、『時給100円』です。これを少しでも改善しようという取り組みが始まっています。

お菓子作りや軽作業 時給は100円

大阪市鶴見区の「大阪市みどり作業所」。障がいによって働くことが難しい人達が通う地域活動支援センターの1つです。利用者はお菓子作りや軽作業などをして工賃を貰います。これが“生きがい”ともいえるのですが、やはり不満が聞こえるのは“工賃の安さ”についてです。

(利用者)「普通は(時給換算で)100円ですね。仕事内容によっては110円とか。」
(利用者)「(週5日)午後4時までまともに働いて月に約1万円。」

地域活動支援センターは、障がいのある人が孤立しないよう日中の居場所として設けられています。作業は利用者がここで充実した時間を過ごせるように行っているもので、利益が出た分しかお金は出せないことになっているのです。

「どうしても最低賃金には届かない収入しか貰えなくて、働きたいという思いはある中で、収入には繋げていけない。」(大阪市みどり作業所 西小路綾子施設長)

障がい者の作業所というのは、障がいがあって一般企業に勤められない方が働いている場所で、形態は2つあり、A型は「雇用型」で雇用形態を結んでいるため、雇用保険や最低賃金以上の給与が支払われます。B型は「非雇用型」で、比較的障がいの程度が重くて長時間働けない方が短時間働くような雇用形態になっています。A型・B型共に働くことを通して社会と繋がりを持つということを目指しています。

取材した「地域活用支援センター」は就労が目的ではなく、このどちらにも当てはまりません。もう少し気軽に集まり“居場所”として設けられたような場所です。ただ何か作るのであれば、少しでも賃金が上がれば施設利用者の喜びとなるのではないかというのです。

そこで作業所では、地元のNPO法人と組んで、ある取り組みを始めました。目を付けたのはイベントなどで売る「焼き菓子」です。これを改良して、沢山売れるようにすることで“時給を大幅に上げられないか”と考えたのです。

「たった1日でもいいから、最低賃金の1000円前後で仕事をして頂くことができるのであれば、作業所の方にも非常に喜んで頂けるのではないかなと思って提案させて頂きました。」(アイデアを出したNPO法人「みらくる」 吉村大作理事長)

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 19:08
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ