ここから本文です

音楽コン西日本大会へ猛練習 夏の悔しさばねに初出場 奄美小ビューグルバンド

2019/12/6(金) 13:01配信

南海日日新聞

 鹿児島県奄美市名瀬の奄美小学校ビューグルバンド(名島舞子顧問、部員17人)はこのほど、大阪府池田市である「こども音楽コンクール」西日本優秀校発表音楽会(毎日放送、南海放送、RKB毎日放送主催)への出場を決めた。児童たちは27日の大会に向け猛練習に励んでいる。


 奄美小が本大会に出場するのは今回が初めて。銀賞と悔しい結果に終わった夏の県吹奏楽コンクール後、児童たちから「もう一回チャレンジしたい」と声が上がったことがきっかけ。10月の「福岡県&九州大会」録音審査で金賞を受賞し、審査員全員の推薦で西日本ブロック大会の出場権を獲得した。大会の管楽合奏部門には同小を含む12校が出場し、最優秀校は文部科学大臣賞選考会に進む。

 児童たちは、月曜日を除く放課後に約2時間半、土日は朝9時から夕方5時まで、夏休みも毎日練習を重ねてきた。児童の一人は「出場が決まってとてもうれしかった。小学校最後の大会なので、名島先生に言われたことを忘れず、後悔しないように、聴いた人を感動させられるような演奏をしたい」と話した。

奄美の南海日日新聞

最終更新:2019/12/6(金) 13:01
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事