ここから本文です

17歳のアンスがバルサと契約更新 父親が移籍を否定「どうして...」

2019/12/6(金) 8:29配信

SPORT.es

アンス・ファティの父ボリ・ファティがスペインのラジオ番組のインタビューに応えた。アンス・ファティは近年バルサのカンテラで稀に見る期待の新人である。今回の契約更新では違約金が1億7,000万ユーロ(約205億円)に増額された。今後プロ契約を果たせば、さらに違約金は4億ユーロ(約480億円)に引き上げられることになる。

アンス・ファティの家族は契約更新のニュースを前に喜びの渦の中にいる。
「家族で祝いたい、数年前は誰もこんなことを予想していなかった、夢が現実になった」と父親は語る。

弱冠17歳のアンスの人生はバルサトップチームで試合デビューして以来劇的に変化した。アンスに信頼を置いている監督バルベルデだが、この若き選手に負荷をかけすぎないように出場時間をコントロールしている。サポーターたちはこのカンテラ選手の今後に大いに期待している。

父親ボリは「息子は大満足している、バルサにはもうこれ以上望むことは無い」と語る。
また最後にアンスの移籍の可能性について尋ねられたボリは「どうして12月に出ていく必要があるんだ?彼はフベニル所属だがもうバルサで練習している、彼は最高の選手たちから学んでいる」と可能性を否定した。

SPORT.es

最終更新:2019/12/6(金) 8:44
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事