ここから本文です

早めの対策を スギ花粉 「平年並み」予想/富山

2019/12/6(金) 20:43配信

チューリップテレビ

 県は6日、来年のスギ花粉情報第一号を発表しました。
 飛散量の多かった今年に比べると飛散量は半分以下で、過去の統計の中では「平年並み」になると予想しています。

 県森林研究所の調査によりますと、来年2月から4月のシーズン中、スギ花粉の飛散量は平野部で1平方センチメートルあたり3000個程度の見込みです。
 これは、今年の1平方センチメートルあたり、7690個と比べると半分以下で、調査を始めた1991年からの平均値とほぼ同数となり「平年並み」となっています。
 スギ花粉は例年、2月中旬から飛び始め、3月上旬から急激に飛散量が増えます。
 県森林研究所ではスギ花粉が飛び始める2週間ほど前から抗アレルギー剤を服用するなど予防対策をとってほしいとしています。

チューリップテレビ

最終更新:2019/12/6(金) 20:43
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事