ここから本文です

松本航、吉田大喜に続け!最速155キロ右スリークォーター森 博人(日本体育大3年・投手)の魅力

2019/12/6(金) 19:49配信

高校野球ドットコム

 11月30日(土)から12月2日(月)まで愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われた「侍ジャパン大学代表強化合宿」。50選手中37選手が2020年ドラフト対象選手となる3年生が占める中、24選手の参加が予定されている来年夏のハーレムベースボールウィーク出場選手選考と同時に「スカウト目線」から見ても注目の合宿となった。

【動画】まるでピストル!西武・松本航のブルペン投球

 そこで「高校野球ドットコム」では6回シリーズで3年生たちを紹介。第3回は2018年の松本 航(埼玉西武ライオンズ)、2019年の吉田 大喜(東京ヤクルトスワローズ2位指名)とドラフト指名が続いた日本体育大右腕「三本目の矢」。最速155キロ右スリークォーターの森 博人(もり ひろと・投手・右投右打・177センチ80キロ・豊川<愛知>)を本人や周囲の話を交えながら紹介していく。

スリークォーターから投ずる多彩な球種

 「上から投げているつもりなんですけど、高校時代からこの投げ方になりました」と本人は笑いながら語る独特のフォーム。だが、このスリークォーターこそが最速155キロ右腕・森 博人(日本体育大3年)最大の武器であり、アピールポイントである。

 
秋の首都大学リーグ戦で出した最速155キロ、今合宿初日紅白戦登板でも149キロを連発したストレートは左打者のインサイドへ切れ込み、右打者の内角をえぐるもの。カーブ、スライダー、縦に切れるカットボール、秋から投げ始めたツーシームという多彩な変化球も装備。加えて「いろいろな縦変化球を持っている」侍ジャパン大学代表・大久保 哲也監督が外国チームと対峙する上での要件を満たしていることも、2回1安打3奪三振1失点の結果以上に大きなアドバンテージとなった。

 合宿最終日には「昨年合宿に参加された北山(比呂・4年)さんから流れは聞いて『がんばれよ』と言って送り出してもらった。ストライクも入ったし緊張せずバランスよく投げられた」と平常心で紅白戦を投げられたことを明かした森。その裏には日本体育大ならではのグローバルな現状があった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 19:49
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事