ここから本文です

大ブーム「生食パン」の次に来るのは「生トースト」!

2019/12/6(金) 12:40配信

magacol

専門店も続々出店の“高級食パン”、つまり焼かずに食べてもおいしい「生食パン」がブームですが、その食パンにまたひとつ新しいトレンドが生まれようとしています。それは「生トースト」。「なにそれ?」という方にご説明しましょう。

ふわっと、しっとり、耳までやわらかい厚切りトーストのこと

「生トースト」とは、焼いているのに“ふわっと”“しっとり”、耳までやわらかい厚切りトーストのこと。このパン屋さんの焼き立てパンのような新しい食感こそが ”生”トーストなのです。
口溶けなめらか&しみ込んだーバターがジューシーな味わいは、ご自宅でもつくれますよ。高級食パンを使う必要はありません。スーパーやコンビニで売られている袋入りの食パン(厚切り)で大丈夫。でも、ただ焼けばいいというものではありません。少しコツがいります。

今回、生トーストのつくり方を教えてくれたのは、東京・三軒茶屋のトースト専門店「コーヒー&トースト」の後藤さん。Mart1月号で紹介している、感動の味“生トースト”をつくる「4つの極意」の一部をお見せしましょう。

極意1 パンは味のついていないシンプルな厚切りを選ぶ

食パンはパン自体の味わいを生かしたシンプルなものなので、4枚切りあるいは5枚切りをセレクトしましょう。

極意2 パンに水分をしっかり補ってから焼くことが大切。

パンは1分1秒、どんどん水分が蒸発していくので、トーストする前にパンの表面に霧吹きで軽く水分を吹き付けてから焼くとふんわりしっとり仕上がります。

あとはオーブントースターまたは電子レンジで加熱し、その後バターをのせてできあがり。

この焼き方と最後のバターにも大事なポイントがあります。詳しくは今発売中のMart1月号『感動の味!いま とろける「生トースト」が来ている!』をご覧ください。

撮影/田中 慶、志波慎寿介 取材・文・スタイリング/八代恵美子

最終更新:2019/12/6(金) 12:40
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事