ここから本文です

ソフトバンク3位津森「横から新人王」 変則右腕が背負う偉大な背番号

2019/12/6(金) 11:45配信

西日本スポーツ

 ドラフト3位入団の津森宥紀投手(21)=東北福祉大=が「横から新人王」を狙う。今季新人王に輝いたのは右のアンダースローながら、140キロ超の直球を武器に12勝を挙げた高橋礼。津森は右のサイドスローとして最速149キロを誇るだけに「体の使い方も似ていると思うので、いろいろ聞いて吸収したい」と先輩となるサブマリン新人王の声に耳を傾け、1年目から活躍する姿を思い描いた。

【写真】投球フォームを披露するドラ3津森

 入団会見の席では、1年目の目標に「60試合」と色紙に記した。「ホークスの中継ぎは層が厚いけど、その中に入って60試合以上投げたいです」。昨年のドラ1右腕甲斐野が中継ぎとして65試合に登板したことで、自身も続く腹積もりだ。

 変則右腕に対する期待は、背番号にも表れていた。新人ながら、今季まで中田(来季から阪神)が付けた「11」を背負うことになった。「プロではダルビッシュさんや大谷さんが(ともに日本ハム時代に)付けていたので、偉大な番号でもある。自分の売りは右打者の内角を突く強気の投球なので、西武の強力クリーンアップを抑えたい」。ふてぶてしい面構え同様、マウンドでも強気の姿勢を貫き、打者を圧倒する覚悟だ。 (石田泰隆)

西日本スポーツ

最終更新:2019/12/6(金) 11:45
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事