ここから本文です

ヴィニシウスがレアルのエムバペ獲得の鍵を握る!

2019/12/6(金) 17:49配信

SPORT.es

レアル・マドリーにとってヴィニシウス・ジュニオールがPSGのFWキリアン・エムバペを獲得するのに大きな鍵を握ることになりそうだ。

未来の保険を考えるPSG、出場機会減るヴィニシウス獲得に興味

『As』によれば、ジネディーヌ・ジダンが監督に就任してから地位を失いつつあるヴィニシウスの将来性にPSGのSDレオナルドが強い興味を示している。

同紙は、今夏にネイマールのマドリー移籍の可能性を両チームが探り合っていた際、レオナルドがヴィニシウスを交渉材料に使っていたことを回想している。しかし、当時のヴィニシウスは、マドリーが飛躍を大いに期待する選手であり、交渉を拒否している。

ただ、ここ数ヶ月で状況は変わっている。ジダンがマドリーの監督に就任して以来、ヴィニシウスは、マドリーでの出場機会が限定的となっている。クラブの役員にとっては、未だに価値の高い選手ではあるが、ジダンの考えは、それとは異なるようだ。

今シーズンのヴィニシウスの状況は明確であり、わずか448分しか出場できておらず、すでにここ3試合連続で出場機会を与えられていない。

一方でジダンは、エムバペへの称賛を隠すことはなく、マドリーが現在行っている補強計画の締めを飾るかもしれない。

ただマドリーは、主力選手達について頑なな姿勢を示すPSGとの交渉の難しさを把握している。それゆえに、2022年にPSGとの契約を満了するエムバペを獲得するために、マドリーはヴィニシウスを交渉材料に使う必要があると考えている。なおエムバペは、PSGからの契約内容の改善や契約延長の興味についてはまだ返答していない状態である。

SPORT

最終更新:2019/12/6(金) 17:49
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事