ここから本文です

スアレスがメッシの引退発言について「レオは誤解されている」

2019/12/6(金) 18:34配信

SPORT.es

ルイス・スアレスは、『Bein Sports』のインタビューで現状を振り返り、バロンドールの授賞式でのレオ・メッシの「引退が近づいている」という発言に対して語った。

スアレス「リヴァプールでの1試合が全てを台無しにした」【SPORT独占】

記者からの質問に対し、スアレスは次のように考えている。
「レオは誤解されている。まず、レオはそのとき新たにバロンドールを受賞したばかりだということを理解する必要がある。彼は僕らと同じ人間さ。彼は幸せを感じ、少し緊張していたのさ。レオ・メッシはこれからも長くプレーすると思う」

スアレスはチームの目標についても話した。
「3つの大会すべてに勝つことは容易ではないし、チャンピオンズリーグを制するのは最も難しい。とても複雑なものだ。過去2シーズンで起こったことは非常に辛いもだ。それは100%僕らのミスであり、この状況を好転させる必要がある」

スアレスはバルサが求めるFW像についてもコメントした。
「クラブの将来についても考えなくてはいけない。このクラブのファンで、バルサでの扱われ方を好む選手でなくてはいけない。また、将来を見据えた選手でなくてもならない。バルサがしなければならない事は、若いストライカーや完成したストライカーを探して、僕がここを去った時にバルセロナの9番として楽しめる選手を獲得することだね」

いずれにせよ、スアレスはバルサでのプレーを楽しんでおり、メッシの隣でプレーし続けたいと思っている。
またスアレスはメッシとグリーズマンと3トップを形成している。フランス人FWとの関係性に関しては、「彼が自分自身をさらけ出し、彼にとってチームが快適であるといいね。彼とはピッチ外でも多くの時間を共にしている。僕らはとても歓迎しているよ」

今夏のネイマールのバルサ復帰の噂については、次のようにコメントした。
「彼は世界最高のクラブであるバルサで、最高の選手に囲まれながら、新しい可能性に身を置こうと試みた。それは理解できるものである。彼の移籍の判断の良し悪しについては、PSGにかかっている。友人として、私は彼が幸せで、快適に感じる場所でプレーするのを楽しみにしているよ」

SPORT

最終更新:2019/12/6(金) 18:34
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ