ここから本文です

魔裟斗の「3バカ」扱いを一蹴 完璧なシナリオで圧勝の城戸康裕「感無量です」

2019/12/6(金) 18:31配信

AbemaTIMES

「本当に感無量ですよ。謎多きチームとしてやってきて、1回戦で3人抜きして、まだ隠してる選手がいるっていうね。こんな完璧なシナリオあるのかって。魔裟斗さんのチームに勝っちゃいましたよ」

【映像】難聴ファイター、圧巻3人抜き

 城戸康裕は、自分の試合以上とも思えるようなテンションで勝利を喜んでいた。11月30日、新宿FACEで行われた『格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR』のトーナメント1回戦である。

 賞金とK-1とのプロ契約をかけての団体戦トーナメント。そこに最後にエントリーしてきたのが「SKR連合」だった。佐藤嘉洋、城戸康裕、梶原龍児の3人が監督を務める連合チーム。準備期間は他より短く、相手チームの監督・魔裟斗からは「3バカ」と呼ばれもしたが、結果は圧勝だった。出場選手は試合当日まで隠し、その上で最初に出てきた先鋒の古宮晴が番組史上初の3人抜きを達成したのだ。まさに「完璧なシナリオ」だった。

 古宮はまだ16歳の高校1年生。生まれつき耳が聞こえないというハンデを物ともしない落ち着き払った闘いぶり、そのポテンシャルを監督たちも絶賛する。「セコンドの指示通りに闘える選手ってなかなかいないんですよ。ベテランじゃないとできない。それが晴にはできるんですよね」と城戸。この3監督、佐藤が名古屋、城戸が神奈川、梶原が東京とそれぞれ拠点が違うため、グループLINEで連絡を取り合いながらチームを強化していったそうだ。もともと“格闘頭”のいい監督たちが“三人寄れば~”で、チームの戦術眼は試合当日にも発揮された。

 抜き試合形式の闘いで2人以上に勝つのは至難の業。先鋒戦で勝った選手が2試合目で負け、五分に戻されるという展開が多い。シーソーゲームは逆転されるリスクを常にはらむ。その“法則”に気づいたことが大きかったそうだ。

「先鋒で勝った選手が次で負けるのはなぜなんだと。それは(監督が)選手をホッとさせてしまっているからじゃないかと考えたんですよ。だからとにかく気持ちを切らさないようにしようと」(梶原)

 監督が3人いれば、選手を鼓舞する力も3倍だ。

「(古宮は)2試合目、3試合目はめげるところがでてきたけど、そこを監督、出てない選手たち、応援団でめちゃくちゃバックアップしました。みんなで補えた」(城戸)

 3人抜きの快挙も、チーム力あってのことだったのだ。

「監督が3人いると、いいところだけじゃなく悪い面もあるんですよ」と言うのは佐藤。指導者が複数いると「それぞれが違う指示を出しちゃうことが多いんです」。そのリスクに気づいていたのも勝因の一つだったようだ。

「指示を統一できました。引くところは引いてバランスを取ろうと。指令系統がこんがらがってしまうことは一切なかったですね」

 3バカどころか3賢者というべきか。SKR連合は、一気に今トーナメントの最注目チームになった。
文・橋本宗洋

最終更新:2019/12/6(金) 18:31
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事