ここから本文です

久米田康治『かくしごと』来年4月TVアニメ化 神谷浩史&高橋李依が父娘役に

2019/12/6(金) 19:35配信

クランクイン!

 「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の漫画『かくしごと』が、2020年4月にテレビアニメ化されることが発表された。声優の神谷浩史と高橋李依が父娘役を演じる。

【写真】久米田康治『かくしごと』アニメ化お祝いイラスト ほかキャラビジュアル&PVカット


 本作は、久米田康治による愛と笑いちょっと感動の漫画家パパ×娘の物語。漫画家の後藤可久士には、一人娘の姫がいる。何においても、愛娘・姫が最優先の親バカ・可久士だが、どうしても姫に知られたくないことがあった。それは、自分がちょっと下品な漫画を描く仕事をしていること。そんな自分の“かくしごと”が知られたら娘に嫌われるのでは…と思う父と、父親想いの娘の物語が始まる。

 一人娘を愛するあまり、自身の仕事を隠し続けている後藤可久士役を神谷が務め、しっかり者の小学4年生・姫を高橋が演じる。タイトルの「かくしごと」には、父の仕事「描く仕事」、そして父の「隠し事」の意味が込められている。

 解禁されたティザーPVは、父娘の暮らす風景を描いた美しい映像に合わせて、高橋が演じる後藤姫の初公開ボイスが流れる。

 神谷は、「いつもの通りの久米田作品で間違いないのですが…テーマと(シモ)ネタのクオリティ、そしてコミックスの書き下ろしで展開する数年後の物語と…今までのいいとこ取りの集大成のように感じました」と語り、「父親の顔、そして仕事人としての顔と…後藤可久士の方向性の違う面倒なところが表現できればと思っています!」と意気込む。

 一方、高橋は「子どもの可愛らしいところを全部詰め込んだような、まさに『愛娘』という言葉がぴったりな印象です」と姫を絶賛したうえで、「子どもという枠組みの中に、姫ちゃん自身が上手に収まっていようとしているような賢い印象もあり、その絶妙なバランスの魅力を引き出せるよう努めたいです」と自身の役柄を冷静に分析。

 また、原作者の久米田からは、アニメ化お祝いのイラストと共に「僕の最後のアニメ化作品になると思うので、ぜひ見てください」とのコメントが寄せられた。

 テレビアニメ『かくしごと』は2020年4月より放送。

最終更新:2019/12/6(金) 19:36
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事