ここから本文です

カミラ・カベロ、主演映画『シンデレラ』の相手役が決定

2019/12/6(金) 17:30配信

Billboard JAPAN

 カミラ・カベロが主演を務めるソニー・ピクチャーズによる映画『シンデレラ』で、プリンス・ロバート役をニコラス・ガリツィンが演じることが決定した。

 現在25歳のイギリス出身の俳優ニコラスは、今年全米公開された米HBOとA24による映画『Share』や『ハートビート』(2016年)に出演している他、現在制作中の映画『ザ・クラフト』のリメイク版にも抜擢されている。

 『ピッチ・パーフェクト』シリーズの脚本を担当したケイ・キャノンが監督する映画のストーリーは明らかになっていないが、クラシカルなおとぎ話をモダンにアップデートしたものになるとのことだ。映画には、ビリー・ポーターが妖精のフェアリー・ゴッドマザー、イディナ・メンゼルが意地悪な継母として出演することが、既に発表されている。

 映画の原案者としてクレジットされてるジェームズ・コーデンが、制作会社Fulwell 73の共同パートナーであるレオ・パールマンととも映画をプロデュースする。

最終更新:2019/12/6(金) 17:30
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事