ここから本文です

八村塁、自己最長約42分の出場で27得点…強敵シクサーズ撃破に貢献

2019/12/6(金) 11:28配信

バスケットボールキング

 12月6日(現地時間5日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁がキャピタル・ワン・アリーナで行われたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦に出場した。

 復帰したモリッツ・ワグナーが先発センターを務め、八村はパワーフォワードのポジションでスタメン出場し、トバイアス・ハリスやアル・ホーフォード、ジョエル・エンビードとマッチアップ。第1クォーター開始4分57秒にレイアップを決めると、同6分32秒にも得点を挙げた。

 第2クォーターは序盤にステップバックからジャンプショット、ディフェンスリバウンドからの速攻でシュートを成功。チームはデイビス・ベルターンスの3ポイント中心に追いあげると、八村は残り3分34秒にイシュ・スミスのパスからダンクを試みるものの、相手のファウルに遭って得点ならず。それでもフリースロー2本を確実に決めてチームにリードをもたらすと、同2分10秒には5点差に広げるダンクを叩きこんだ。さらに、ブラッドリー・ビールのアシストから3ポイントを沈め、前半だけで19得点3リバウンドの大暴れ。65-55で試合を折り返した。

 第3クォーターは八村の先制点でスタート。ブラッドリー・ビールやスミスのスコアが伸び、91-81とリードを保って12分間を終えた。最終クォーターはイースタン・カンファレンスで4位につけるシクサーズから猛攻を受け、残り約5分の時点で104-98と6点差。それでも八村のプットバック、ビールのフリースローなどで逃げきり、最終スコア119-113で4試合ぶりの白星を手にした。

 八村は自己最長42分31秒のプレータイムで5度目の20得点超えとなるチーム最多27得点をマーク。7リバウンド2スティールも記録した。

BASKETBALL KING

最終更新:2019/12/6(金) 13:18
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事