ここから本文です

アウディ最小SUV「Q2」にハイパワーエンジン+クワトロを搭載した「SQ2」登場

2019/12/6(金) 18:10配信

くるまのニュース

0-100km/hは4.8秒、最高速度250km/hの「スーパー・ベビーSUV」

 アウディジャパンは、アウディ最小のSUV「Q2」のスポーツ性能を大幅に高めた「SQ2」を2019年12月3日に発表、発売を開始しました。

コンパクトSUVにハイパワーエンジンを載せちゃった! アウディ「SQ2」を画像で見る(15枚)

 アウディQ2は、全長4200mm×全幅1795mm×全高1530mmの、BセグメントにカテゴライズされるSUVで、アウディのSUV、Qシリーズのなかでもっともコンパクトなモデルです。

 日本で販売されている標準のQ2は、116馬力/200Nmを発生する1リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載する「1.0TFSI」と、150馬力/250Nmを発生する1.4リッター直列4気筒ターボエンジン搭載する「1.4TFSI」があり、両グレードとも前輪駆動(FF)になります。

 今回登場したスポーツモデルのSQ2は、300馬力/400Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。Q2としては国内初となるクワトロ(4WD)システムを採用します。

 さらにスポーティなS Sportサスペンションが組み合わされ、0-100km/h加速は4.8秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)に達します。

 サスペンションは、フロントがストラット、リアはクワトロに対応するためにマルチリンクを採用。また専用にギアレシオをクイックにした「プログレッシブステアリング」を組み合わせます。

 トランスミッションは湿式7速Sトロニック(DCT)。ドライビングモードのアウディドライブセレクトで「エフィシェンシー」モードを選択すると、適宜クラッチを切り離してコースティング走行をおこなうようになり、燃費向上にも貢献します。

 クワトロシステムはセンターデフとして電子制御多板クラッチを備える方式で、前後トルク配分を適切にコントロール。前輪が駆動力を失うとわずか数ミリ秒でクラッチを締結、リアに駆動力を伝えます。

 スポーティな走行中は、ドライバーが操舵した瞬間に四輪駆動状態へ移行、良好なコントロール性を発揮します。

 また、ホイールセレクティブコントロールが、コーナー内側のホイールに軽いブレーキをかけることで、スムーズなハンドリングに貢献します。

 SQ2の車両価格は599万円(消費税込)です。右ハンドルのみとなります。

くるまのニュース編集部

最終更新:2019/12/6(金) 18:10
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事