ここから本文です

BMW「3シリーズ」は、3世代連続でインポートカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!

2019/12/6(金) 18:40配信

くるまのニュース

日本専用に開発されたエンジンなど、日本市場に合わせた姿勢が受け入れられた

 7代目(G20型)のBMW「3シリーズ」が、2019-2020年インポートカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したBMW「3シリーズ」とはこんなクルマ(32枚)

 BMW 3シリーズは、いつの時代にもDセグメントのベンチマーク的な存在です。数多くの国産メーカーのセダンが、3シリーズを目標に開発されてきたという歴史もあります。
 
 2004年から日本カー・オブ・ザ・イヤーに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が設けられるようになってから、2005年に5代目(E90型)3シリーズ、2012年に6代目(F30型)3シリーズと、モデルチェンジの度に3シリーズは受賞してきました。

 2019年の10ベストカーには、メルセデス・ベンツ「Aクラス/Aクラスセダン」、ジープ「ラングラー」、ジャガー「I-PACE」も選ばれており、これらのライバルを抑えて3シリーズとして3度目の受賞を勝ち取りました。
 
 7代目3シリーズは、2018年のパリモーターショーで発表され、2019年3月から日本での発売を開始しています。
 
 3シリーズにとって日本市場は非常に重要なマーケットで、これまでもマンションなどの立体駐車場に納まるように、日本市場向けのドアノブを専用に開発し、車幅を狭くしたこともあるほどです。
 
 7代目3シリーズでは、日本導入モデルである「320i」に、日本の道路事情や顧客の要望、日本市場の重要性を鑑み、欧州をはじめ初期生産には設定のない、日本専用に開発したエンジンを採用しています。
 
 このようにインポートカーでありながら、日本のカスタマー向けに細やかに対応している3シリーズだからこそ、モデルチェンジの度にインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞できるのかもしれません。

くるまのニュース編集部

最終更新:2019/12/6(金) 18:40
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事