ここから本文です

F1、2020年のカレンダー拡大にともないMGU-Kの上限を年間3基に変更

2019/12/6(金) 15:00配信

オートスポーツweb

 FIAは、2020年にF1のスケジュールが22戦に拡大されることから、パワーユニット(PU)エレメントのひとつであるMGU-K(運動エネルギー回生システム)の割り当て数を増やすことになった。

【写真】2019年F1第21戦アブダビGP:マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位表彰台を獲得

 これまでMGU-Kは1年間に2基の使用が許可されていたが、世界モータースポーツ評議会(WMSC)の今週の決定を受けて、2020年からは3基のMGU-Kを使用できることになる。

 MGU-Kは、マシンのブレーキングの段階でエネルギーを回生し、それをバッテリーに蓄える仕組みのエレメントだ。しかしながら何年にもわたり、MGU-Kはマニュファクチャラーとドライバーに負担を強いることが示されてきた。というのも、MGU-Kを交換すると必然的にグリッド順位が大きく下がることになるからだ。

 そしてここ数年の間、PUエレメントの使用許可数は、エンジンの信頼性を上げ、コストを下げる目的で減らされてきた。

 来年のスケジュールが拡大されること以外にMGU-Kの割り当てを増やす他の理由のひとつには、3基が上限となっているMGU-Hに数を合わせることにもある。MGU-Kの交換時には、しばしばMGU-Hの交換も必要になるからだ。

 2019年シーズンF1に参戦している4社のマニュファクチャラー(メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダ)のうち、ルノーとホンダについては、彼らがエンジンを供給しているマシンのすべてがMGU-Kの2基の制限を超えることになった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/6(金) 15:00
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事