ここから本文です

日ハム大田、前巨人ビヤヌエバと共闘宣言「チャンスはある。やりやすい環境を」

2019/12/6(金) 20:52配信

Full-Count

「チームの一員としてバックアップしていきたい」

 日本ハムの大田泰示外野手は6日、前巨人のクリスチャン・ビヤヌエバ内野手の加入を歓迎した。大阪市内のミズノ大阪本社で行われた「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」に出席。「ジャイアンツでは試合に出ることが出来なかったと思う。(日本ハムでは)チャンスはあると思いますし、三塁のポジションがいないのはチームとして分かっている。分からないことがあれば僕も積極的に話していきますし、チームの一員としてバックアップしていきたい」と後押しを誓った。

【一覧】各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、補強、自由契約一覧

 ビヤヌエバは18年に20本塁打を放ったが、巨人では苦戦。打率.223、8本塁打、24打点に終わり、オフに自由契約となった。大田自身も巨人では芽が出ず、日本ハム移籍後にブレークした。「ビヤがやりやすい環境を作ってあげられれば。チームも若いので、ビヤは年齢が上の方になる。野球の本場でやってきた人間。1年間出て、これだけ数字が残せるんだというところを僕もやりたい。僕もビヤとやっていきたいと思います」と話した。

 同じクリーンアップ候補。大田は来季の4番奪取へ意欲を燃やしている。「みんなが打てば勝つ。(ビヤヌエバも)試合に出て、中軸を打てるようになれば自覚が出てくるし、自信を持って試合に出られる。日本に来てよかったなと言えると思うので。一緒に、声をかけながら頑張りたいなと思います」と新助っ人を思いやった。

小谷真弥 / Masaya Kotani

最終更新:2019/12/6(金) 20:52
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事