ここから本文です

「ごいた」資料一堂に 能登町の保存会が初企画展

2019/12/6(金) 1:29配信

北國新聞社

 伝承娯楽能登ごいた保存会の「ごいた資料展」(北國新聞社後援)は4日、能登町の北國銀行宇出津支店で始まり、ごいたの駒やルールの解説チラシ、ごいたを紹介した雑誌など約20点が並んだ。

 保存会の発足20年を機に、ごいたと保存会の活動を幅広く知ってもらおうと初めて企画した。竹駒のほか、ボードゲームで使用するごいたのカード、ごいたを取り上げた漫画、入門書などが展示されている。

 大阪支部が関西で実施しているイベントの様子を写真入りで紹介したほか、出前講座に参加した児童の感想文も掲示されている。洲崎一男会長は「多くの人に目に留めてもらい、ごいたに理解を深めてもらえるとうれしい」と話した。30日まで。

北國新聞社

最終更新:2019/12/6(金) 1:29
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事