ここから本文です

雪化粧の山里、白山・白峰、冬の風情

2019/12/6(金) 1:29配信

北國新聞社

 石川県内は5日、冬型の気圧配置で大気の状態が不安定となり、雪やあられ、みぞれが降った。最高気温は白山河内で5・3度と平年を5度以上下回るなど、各地で12月中旬~1月上旬並みの寒さとなった。

 白山市白峰では道路や民家の屋根が白く覆われ、雪化粧した山里が冬の風情を感じさせた。

 金沢地方気象台によると、6日にかけて北陸地方の上空1500メートルに氷点下9度以下のこの時期としては強い寒気が流れ込み、平地でも雪が降るところがある見込み。気象台は積雪による交通障害に注意を呼び掛けている。

北國新聞社

最終更新:2019/12/6(金) 1:29
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事