ここから本文です

今年30%も値上がりしたJ-REIT、依然として視界良好で不安なし!

2019/12/7(土) 9:15配信

モーニングスター

 2019年の年間リターンで、最も優れたパフォーマンスを残した資産クラスは昨年に続いて「国内REIT」になりそうだ。しかも、昨年の年率リターンが6.7%だったが、今年は11月末までの1年リターンがカテゴリーで25.57%と、大幅に昨年実績を上回る好パフォーマンスになりそうだ。さらに、「国内REIT」は、リスク当たりのリターンを示すシャープレシオがカテゴリー平均(1年)で3.11を示す(11月末基準)。絶好調なパフォーマンスの後には、得てして市場が崩れるものだが、国内REITに不安はないのだろうか? 公募投信で最大の国内REITファンドを運用している三井住友トラスト・アセットマネジメント(三井住友TAM)のリートチームに国内REITの現状と見通しについて聞いた。

 三井住友TAMが運用する「J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)」は、純資産額が3650億円を超える。11月末の運用成績もトータルリターン28.39%(1年)、シャープレシオは3.32(1年)と、いずれもカテゴリー平均を上回る優れた成績を残している。リートチームは、長年にわたって不動産の評価・投資を行ってきた信託銀行の伝統を引き継ぎ、「物件評価は、現地に足を運ばないとできない」(アクティブ運用部リート運用ユニット リートチーム運用執行役の太田素資氏)という徹底した実地主義だという。J-REITが保有する全4101物件の80%、金額ベース(約18.94兆円)では90%に相当する物件を実地調査している。J-REITの現状把握においては、並ぶものがいないほどの存在だ。

 そのような調査の裏付けを背景に、太田氏は「現在のJ-REIT市場に不安要素は見当たらない」という。同社の予想する来期の業績であれば、東証REIT指数(12月6日現在で2183ポイント)が2500ポイント程度に上昇しても「過熱感は感じられないだろう」と語る。そもそも、東証REIT指数は、2012年や13年には連続で30%超のパフォーマンスだった実績もあり、30%程度の値上がりは特別ではない。そして、過去に東証REIT指数がピークアウトした13年3月、15年2月、16年4月などの局面では、配当利回りが3.02%~3.20%程度にまで低下してピークを付けたが、現在の配当利回りは3.5%程度と依然として過熱感はないという。

1/3ページ

最終更新:2019/12/8(日) 9:21
モーニングスター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事