ここから本文です

木のおもちゃ楽しいな 若松で「木練がっこう」 8日まで

2019/12/7(土) 8:12配信

福島民報

 東北最大級の体験型木育イベント「木練(もくれん)がっこう」は六日、会津若松市のアピオスペースで開幕した。八日まで。木工職人らが工夫を凝らして作った木製おもちゃなどで遊べる。

 NPO法人Lotus(ロータス)の主催、福島民報社と会津若松卸商団地協同組合の共催で六回目。親子らは木製の大型遊具「ウッドクリフハンガー」や雲梯(うんてい)、打楽器、木球のプールなどで木のぬくもりに触れながら歓声を上げている。

 子育てを実感する妊婦体験、ものづくり、飲食、水族館のコーナーもある。木製のおもちゃや工芸品を販売している。七、八の両日はけん玉教室などを開く。福島民報社は、ものづくりを体験した子どもの写真を撮影し、オリジナル号外に編集してプレゼントしている。時間は午前九時から午後四時まで。入場無料だが、高校生以上はおもちゃ基金に五百円の協力を求める。

最終更新:2019/12/7(土) 8:12
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事