ここから本文です

YouTubeのCEOは、自分の子どものYouTube視聴時間を制限している…「どんなことでもやり過ぎはよくない」

2019/12/7(土) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

YouTubeのスーザン・ウォシッキーCEOは、自分の子どもたちのYouTube視聴時間に制限を設けており、カスタマイズされた子ども版しか使わせていないと、CBSのインタビューで語った。

同氏は以前にも、子どもたちの視聴時間を制限し、時には子どもたちの携帯電話を取り上げることもあると語っていた。

YouTube はこれまで、子どもをターゲットとした手法について厳しい目で見られてきた。

YouTubeのCEOは、自身の子どもにYouTubeを長時間にわたって視聴させたくないと考えている。

5人の子どもを持つYouTubeのスーザン・ウォシッキー(Susan Wojcicki)CEOは、子どもたちがYouTubeを視聴する時間に制限を設けており、利用を許可しているプラットフォームも子ども用の「YouTube Kids」だけだと、CBSのインタビューで語った。

「子どもたちにはYouTube Kidsを使わせているが、視聴時間の制限もしている。どんなことでもやり過ぎるのはいけないと思う」と同氏は語った。

YouTube Kidsとは、通常のYouTubeとは別のプラットフォームであり、子どもたちが不適切なコンテンツに遭遇するのを避けるために、子ども向けのコンテンツを提供している。

だが、これは確実に安全なシステムというわけではない。Business Insiderは2018年、YouTube Kidsが陰謀論の動画をおすすめとして挙げているのを見つけた。New York Timesの2017年の報道によると、アニメのキャラクターがおぞましい方法で死ぬ悪夢のような動画など、極めて不穏な動画が、YouTube Kidsのセーフガードをくぐり抜けていた。

ウォシッキー氏が、子どもたちに対するインターネット利用時間の制限について語ったのは、これが初めてではない。2018年8月にも、時折子どもたちの携帯電話を取り上げていると語った。特に休暇中は「目の前のことに集中してほしい」との思いからそうしているという。

子どものスクリーンタイムを制限するテック企業のCEOは、ウォシッキー氏だけではない。

グーグル(Google)のサンダー・ピチャイCEOは、11歳の息子に携帯電話を使わせていない。スナップチャット(Snapchat)創業者のエヴァン・シュピーゲル(Evan Spiegel)氏は、子どもたちに週1時間半しかスクリーンタイムを与えていない。

YouTubeは、子どもたちをターゲットとした手法を批判されてきた。2019年9月、YouTubeが子どもの個人情報を違法に収集したとして、親会社のグーグルはアメリカ連邦取引委員会(FTC)に1億7000万ドル(約180億円)の制裁金を支払った。その後YouTubeは、子ども向けの動画にパーソナライズされた広告を配信しないなど、子ども向けコンテンツに関するルールをより厳しいものにすると宣言した。

[原文:YouTube CEO Susan Wojcicki limits how much her kids watch YouTube]

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

Isobel Asher Hamilton

最終更新:2019/12/8(日) 17:31
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事