ここから本文です

『0キス』赤髪のイケメン・鈴木勝大が気になる…!

2019/12/7(土) 7:16配信

シネマトゥデイ

 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈が主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』(公開中)に、劇中のダンス&ボーカルグループ「Funny bone」のメンバーとして鮮やかな赤髪で登場する俳優・鈴木勝大に注目したい。

片寄涼太&鈴木勝大がハグ!【写真】

 みきもと凜の人気漫画を原作とした本作は、真面目な女子高生・花澤日奈々(橋本)と国民的スターの綾瀬楓(片寄)が惹かれ合っていく様子を描くラブストーリー。鈴木は、楓がかつて所属していたグループ「Funny bone」のリーダー・中条充希を演じている。端正なルックスの持ち主で、赤色の髪も似合ってしまう鈴木が気になってしまう観客も多いはず。

 現在26歳の鈴木は、2009年、16歳の時に第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞。2012年から翌年にかけて放送された特撮ドラマ「特命戦隊ゴーバスターズ」で、主人公の桜田ヒロム/レッドバスター役を務め、一躍注目を浴びた。

 その後、ドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」や映画『帝一の國』などに出演。多数の舞台でも活躍し、経験を積んできた。最近では、ドラマ「あなたの番です」への出演や、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」で堂安主水/仮面ライダークイズを演じたことも大きな話題に。

 現在「特命戦隊ゴーバスターズ」でブルーバスター/岩崎リュウジを演じた馬場良馬との2人芝居が注目される舞台「死ねない無人駅」が上演中。また、私生活では中学から慶應義塾に通い、同大学を卒業した慶應ボーイでもある。

 『午前0時、キスしに来てよ』で演じた中条充希は、グループを脱退した楓を許せずにいることから、彼と衝突してしまう役どころ。片寄との共演シーンが見せ場となる。

 本作の完成披露イベントの場では、「なんでFunny boneってグループ名なんだろう? と片寄くんと話していた時に、(叩くと)しびれる骨のことをファニーボーンって言うので、しびれるくらい魅力的なグループってこと解釈が一致しました」という裏話を明かしていた。(編集部・小山美咲)

最終更新:2019/12/7(土) 7:16
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事