ここから本文です

【ONE】適正階級に戻したサムエーがジュングァンの強打を封じ初代王座を獲得

2019/12/7(土) 8:11配信

イーファイト

ONE Championship
『ONE:MARK OF GREATNESS』
2019年12月6日(金・現地時間)マレーシア・アシアタ・アリーナ
Photo by ONE Championship

【フォト】サムエーの左がジュングァンにヒット

▼第7試合 メインイベント ONEストロー級キックボクシング世界タイトルマッチ
○サムエー・ガイヤーンハーダオ(36=タイ)
判定3-0
●ワン・ジュングァン(24=中国)
※サムエーが新王者に

 サムエーは400戦以上しているベテランで“左ミドルの達人”とも言われ、ルンピニースーパーバンタム級とスーパーフライ級の2階級、ムエタイ協会3階級を制覇した実績を持つ。昨年5月にONEムエタイフライ級タイトルを獲得したが、今年5月にジョナサン・ハガティに敗れタイトルを失っている。10月の前戦ではダレン・ローランを左フック一撃でKOし、ストロー級初代王者挑戦のチャンスを引き寄せた。

 対するジュングァンは2017年9月に武尊の持つK-1 WORLD GPフェザー級タイトルに挑戦。武尊のパンチに苦しむもパンチを打ち返し、3R判定まで耐え敗北したものの、国内ファンにその名を強く印象付けた。10月のONEデビュー戦でフェデリコ・ローマを1RTKOで撃破。インパクトのある勝利で早くもタイトル挑戦のチャンスを手にした。

 1R、サウスポーのサムエーがゆったりとしたムエタイスタイルで迎え撃つ。ジュングァンが小さく出入りするところにサムエーが左ミドルを打ち込むが、ジュングァンも左右ストレートを顔面に伸ばす。直線的にジュングァンが入るとサムエーはスウェーでかわし左ストレートをカウンターでヒットさせるが、ジュングァンはひるまない。

 2R、サウスポーにスイッチしトリッキーな動きで接近するジュングァンへ、1R同様にカウンターの左ストレートをヒットさせるサムエー。ジュングァンは距離を詰め左右のフックを連打するがサムエーはがっちりガード。要所で放つ左ミドルでジュングァンの前進を止め、円形のケージを上手く使い左右に回る。

 3Rも止まらないジュングァンの前進。下がりながら左ミドルで距離を取り、ジュングァンの打ち終わりに左ストレートを返すサムエーへ、手数を止めないジュングァン。余裕が出たか、ジュングァンの入り際にテンカオを合わせ始める。4Rも前進するジュングァンをサムエーが左ミドル、テンカオで突き放す展開。

 最終ラウンドまでジュングァンは全く手数を減らさなかったが、サムエーも最後まで入り際の左ストレート、左テンカオで勢いを殺し続けたまま試合終了。適正階級に戻ったサムエーが本来の力を見せつけ、初代ONEストロー級キックボクシング世界王者となった。

最終更新:2019/12/7(土) 8:11
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ