ここから本文です

京都市京セラ美術館でプレオープニングイベント「CELEBRATING COLORS!」開催。高木正勝、鬼頭健吾、髙橋匡太ら参加

2019/12/7(土) 8:22配信

美術手帖

 2020年3月21日に開館を迎える京都市京セラ美術館が、プレオープニングイベントとして「CELEBRATING COLORS!」を12月21日に開催する。


 同館は、いまからおよそ85年前の1933年に開館した京都市美術館を大幅改修したもので、改修工事にあたっては建築家・青木淳が指揮を執った。すでに建物は竣工し、あとは開館を待つばかりの同館で行われる「CELEBRATING
COLORS!」。


 まず、本館のエントランス前に新設されたスロープ状の広場「京セラスクエア」では、高木正勝の最新作《Marginalia(マージナリア)》が幻想的な演出とともに披露されるという。

 加えて、北西エントランス1階のガラス部分では、アーティスト・鬼頭健吾の《ghost
flowers》を展示。同作は20年5月31日まで展示される予定となっている。


 さらにこのイベントでは、環境演出で知られる光のアーティスト・髙橋匡太が本館正面をこの日だけの特別バージョンでライトアップ。イベント翌日からは重厚な帝冠様式に現代のデザインが融合した本館を白色光で照らし出すとともに、一定時間ごとに二十四節気をイメージした色彩で変化する演出を加える(ライトアップは毎日の日没~午後10時)。


 このほか、3月のリニューアルオープンに合わせて館内に出店するミュージアムカフェのポップアップも出店。リニューアルを前に、冬の京都でこの新しい美術館を楽しみたい。

 

最終更新:2019/12/7(土) 8:22
美術手帖

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事