ここから本文です

佐久間由衣「吐きそうです」 初主演作「隠れビッチ」舞台挨拶に緊張

2019/12/7(土) 15:21配信

映画.com

 [映画.com ニュース] あらいぴろよ氏のコミックエッセイを映画化した「“隠れビッチ”やってました。」の公開記念舞台挨拶が12月7日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の佐久間由衣、大後寿々花、小関裕太、森山未來、三木康一郎監督が出席した。

 見た目は清楚だが、思わせぶりな言動で男を翻ろうする「隠れビッチ」な女性・ひろみの恋模様を描いた。12月6日に全国28スクリーンで封切り。本作が映画初主演となった佐久間は「ホッとした気持ちと、さみしい気持ち」と複雑な胸中を明かし、緊張で「吐きそうです」とも。それでも「初主演がこの『隠れビッチ』で良かったと心から思います。皆さんに育てていただいた」と強い思い入れを示していた。

 大後演じるシェアハウスの同居人・彩とのケンカシーンについては「細かい指示があり、何度も何度もNGを出してしまって。何とかOKをいただきましたが、移動車で大泣きしました」。一方、大後は「監督から『本気でやらないと、おわんないよ』と言われたので、ケガしない前提で本気でやろうと。私の方が、背が低いので『ここはサルになろうと。何をされても離さないように』と思った」と激闘を振り返った。

 小関は、佐久間をバイクの後ろに乗せて走行するシーンに触れて「今言えるんですけど、当時はペーパードライバーの域で(笑)。怖いなと内心ドキドキしていた」とまさかの告白。佐久間は「知らなかったです。知らなくて良かった」と安どの表情を浮かべた。また、森山は「実直な現場で、心地よかった」と話していた。

 「旅猫リポート」「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で知られる三木監督は、本作の企画を手がけたセントラルアーツの代表取締役で、昨年11月に他界した名物プロデューサーの黒澤満氏を追悼。「初めてご一緒できて、楽しみだったが、撮影中にお亡くなりになって。僕としては、この場を一緒に迎えたかった」としみじみ語っていた。

最終更新:2019/12/7(土) 15:21
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事