ここから本文です

<ルパン三世 THE FIRST>3DCG最新作を山崎貴監督が語る「宮崎駿監督のルパンが好きすぎて…」

2019/12/7(土) 19:40配信

MANTANWEB

 4月に亡くなったモンキー・パンチさん原作の国民的アニメ「ルパン三世」を初めて3DCGアニメ化した劇場版アニメ最新作「ルパン三世 THE FIRST」(山崎貴監督)が全国で公開中だ。山崎監督といえば「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどヒット作を数々生み出し、「STAND BY ME ドラえもん」(2014年)や「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(2019年)など3DCGアニメも手がけてきた日本におけるVFXの第一人者。脚本も手がけた山崎監督に、「ルパン三世」への思いや製作秘話などについて聞いた。

【写真特集】「ルパン三世」が3DCGアニメに! ルパン、次元、五ェ門の姿は…

 「ルパン三世 THE FIRST」は、祖父ルパン一世が唯一盗み出すことに失敗した因縁のお宝「ブレッソン・ダイアリー」を巡って秘密組織とルパン三世が争奪戦を繰り広げるというストーリー。声優として女優の広瀬すずさん、俳優の藤原竜也さん、吉田鋼太郎さんが出演。もちろん「ルパン三世」のレギュラー声優陣である栗田貫一さん、小林清志さん、浪川大輔さん、沢城みゆきさん、山寺宏一さんも出演している。

 ◇ルパン三世は3DCGに向いている

 山崎監督のアニメの原点は宮崎駿監督の作品にあるという。自身で「極端に宮崎駿作品だけが好きなんです」と話す通り、今回の「ルパン三世」を3DCGアニメ化するにあたっては、「『カリオストロの城』(1979年)に近づけちゃいけないなと一生懸命逃げようとしたんですけど、やっぱり無理でしたね」と笑顔で語る。

 「カリオストロっぽいルパンが好きなんですよ。ルパン三世で宮崎駿さんが監督した作品は『カリオストロの城』と(テレビシリーズの)『死の翼アルバトロス』『さらば愛しきルパンよ』の3本あるんですけど、それが自分の中で大きくて。見た時のワクワク感みたいなところから(製作意欲が)来ているので、それに引っ張られてしまうところがすごくありましたね。ものすごく逃げようとはしたんですけど」と明かす。

1/3ページ

最終更新:2019/12/9(月) 19:20
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事