ここから本文です

“ワールドクラス”「TOO」、最終デビューメンバー10人公開

2019/12/7(土) 15:51配信

WoW!Korea

グローバルアイドルグループ「TOO」が誕生した。

6日夜、MnetとネイバーVLIVE(Vアプリ)を介して生放送で進行されたグローバルK-POPアイドルの成長日記「TO BE WORLD KLASS」(以下「ワールドクラス」)の最終回で、10人組グループ「TOO」の最終メンバーが選ばれた。

この日の生放送では、既存のオーディション投票方式ではなく、「ワールドクラス」の委員会の累積審査で3人、ミッションや専門家の累積審査で3人、最終的な生放送投票で4人が選ばれ、最終的な「TOO」のグループのメンバーが決定した。

まず、9週間の放送を通じて「ワールドクラス」委員会から多くの支持と応援を受けた、J.YOUとチャン、ハンジュンが最初の「TOO」メンバーになった。続いて、過去のミッションと専門家の評価審査累積点数でウンギ、キョンホ、ドンゴンが「TOO」メンバーに抜擢された。

「TOO」でデビューすることになる最後の4人は、これまで数多くのミッションを経て磨き上げた実力を披露するファイナルステージを通じて生放送審査が行われた。

ワールドチーム(キョンジュン、ドンゴン、ミンス、ウンギ、ジェホ、ジェロム、チフン、ハンジュン)はチェインスモーカーズの「Who Do You Love」と生放送を通じて初公開された新曲「覚えて」を、クラスチーム(キョンホ、ロビン、リキ、ジェユン、ジョンサン、J.YOU、ジス、ケニ、タイチ)は、予備「TOO」のためだけに作られた新曲「咲く」とポストマローンの「Congratulations」でファイナルステージを飾り、自身の才能と可能性を存分に広げた。

また、最終的な発表に先立ちレジェンドアイドルのムン・ヒジュンとキム・ジョングクに会った予備「TOO」練習生たちの姿も描かれた。アイドルの必須条件である体力を養う運動はもちろん、アドバイスを聞きながら意味深い時間を過ごした。加えて「ワールドクラス」の初の課題曲だったビートルズの「All You Need is Love」編曲バージョンの舞台を最後に、共に駆け抜けてきたファンへの感謝を伝えた。

すべてのステージが終わった後のライブ審査を経て、最後の最終メンバー4人でジェロム、チフン、ミンス、ジスが選定され、全世界を舞台に夢を広げるグローバルグループ「TOO」の誕生を知らせた。

10週間のミッションを介して抜擢されたグループ「TOO」(J.YOU、チャン、ハンジュン、ウンギ、キョンホ、ドンゴン、ジェロム、チフン、ミンス、ジス)は「Ten Oriented Orchestra」の略で、「10の東洋の価値観を目指すオーケストラ」という意味を持っている。彼らはデビュー準備をした後、正式に歌謡界に飛び込む予定である。

最終更新:2019/12/7(土) 15:51
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ