ここから本文です

“隠れビッチ”役の佐久間由衣、撮影中にパニック!

2019/12/7(土) 17:09配信

シネマトゥデイ

 女優の佐久間由衣が7日、都内で行われた映画『“隠れビッチ”やってました。』公開記念舞台あいさつに登壇し、三木康一郎監督の厳しい演出により、思わず涙したことを明かした。この日は、大後寿々花、小関裕太、森山未來、三木監督も来場した。

映画『“隠れビッチ”やってました。』予告編

 本作は、イラストレーターのあらいぴろよの実体験に基づくコミックエッセイを映画化。清楚を装いながら戦略的に男をその気にさせる“隠れビッチ”のヒロイン・荒井ひろみ(佐久間)の成長を描く。

 映画初主演を務めた佐久間は、満席の会場を見渡しつつ、「いやぁ、とても吐きそうです」とかわいく訴えるが、「主演映画が『“隠れビッチ”やってました。』でよかったと心から思っています」と喜びのコメントも口にした。

 しかし、撮影はなかなかハードで、三木監督からは「演出面では細かいことや、何回も違うと言われていました」と明かし、ひろみが彩(大後)の部屋に殴り込みに行くシーンでは、部屋のドアの開ける幅や締める時にかける時間などを細かく決められたものの、「何回もやったけどできなくてパニックになって、なんとかOKだったけど、撮影が終わってから移動車に戻って泣きました」と打ち明けた。とはいえ、泣いたあとは「スッキリした」そうで、「次のシーンのために気持ち切り替えてやった日々でした」と撮影全体を振り返っていた。

 厳しい試練に耐えられたのは、記念すべき初主演映画でもあるから。佐久間は、三木監督から「『作品に参加するという意識ではなく、自分の作品を世に残す意識を持って挑みなさい』とお尻を叩かれた」とも話すと、「そこから自分の意識も変わり、(撮影に)挑んでいきました」と力を込める。

 そして、「いっぱい失敗しながらも、ちょっとずつ前に進んでいけたらいいんじゃないかなというメッセージを込めて作品に関わらせていただきました」と本作に対する熱い思いを語り、「まだまだペーペーなわたしに、素敵なキャスト・監督・スタッフさんが関わってくださって、説得力のある、リアリティーのある作品に作り上げていただいて感謝しております。ほんとに、ほんとにありがとうございました!」と充実した表情を見せていた。(取材:錦怜那)

映画『“隠れビッチ”やってました。』は全国公開中

最終更新:2019/12/7(土) 17:09
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事