ここから本文です

フェリシモ猫部の「猫の家」 猫ちゃんのための工夫を詰め込んだ賃貸住宅が完成ニャ

2019/12/7(土) 8:00配信

ねとらぼ

 猫ちゃんと暮らすための賃貸住宅「猫の家」を、フェリシモ猫部と和田興産(兵庫県神戸市)が共同開発しました。12月3日から入居者を募集しています。

【画像:肉球を観察できる透明板】

 「ワコーレヴィアーノ高丸 猫の家」(神戸市垂水区)は、実際に猫ちゃんと暮らしているフェリシモ猫部部員、和田興産のスタッフ、一級建築士がアイデアを出し合って作った賃貸住宅。構想から約2年をかけて開発されました。全4戸のお部屋は全てメゾネットタイプで日当たりも良好。猫ちゃんにも飼い主さんにもうれしい工夫がいっぱいです。

・猫用ステップ、猫用通路
 室内にはアクリル製の透明板をはめ込んだステップと猫用通路が設置され、高い場所が好きな猫ちゃんが喜びそう。飼い主さんは猫ちゃんのお腹や肉球を下から眺められる設計です。ステップは猫ちゃんが室内を一周して上り下りできる動線を意識して配置。所々に猫ちゃんが隠れられるボックスが設置してあります。

・トイレ
 ニオイが気になるトイレは人間用のトイレ内に置き場を確保。ドアが開いていなくても猫ちゃんが出入りできる猫用の入り口(通称:猫口)や、猫砂を収納できる床下のスペースを完備しています。

・猫口(猫用出入口)
 トイレの他、階段の途中などにも猫口を設置してあり、行き来がスムーズ(部屋タイプによって仕様が異なります)。脱走防止のため、玄関前の扉には猫口がありません。

・床材・壁紙・網戸
 床はひっかき傷がつきにくいクッションフロア。壁紙は上下で切り替わっており、爪を研がれても最小限の張替えで済むようになっています。網戸は猫ちゃんがひっかいても破れにくい強化網戸を採用しています。

・キッチン
 キッチンは猫ちゃんにとって危険がいっぱいの場所。侵入できないよう独立した空間になっていますが、料理をサーブしたり、様子を見たりできる開閉式の透明窓が付いています。

・階段・収納
 階段の下には猫ちゃんの隠れ場所を設置。急な来客の際も、素早く身を隠すことができます。ウォークインクローゼットや大容量の靴箱で収納も充実。猫ちゃんのためのフードや季節もののグッズもすっきりしまえます。

・外観
 ウッド調の外壁は三毛猫の毛色をイメージしたカラー。猫のシルエットの間接照明やプレートに隠れた肉球マークもかわいいです。

・立地・入居者特典
 「ワコーレヴィアーノ高丸 猫の家」はJR垂水駅より徒歩17分。2階の部屋から垂水の街を見渡せる、開放感抜群の立地とのことです。徒歩圏内には4つの動物病院があり、ケガや病気の時にも安心。入居者には毎月5000円分のフェリシモ定期便お買い物クーポンがプレゼントされるそうです。

ねとらぼ

最終更新:2019/12/7(土) 8:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事