ここから本文です

ヤクルト・村上 西武・山川を質問攻め キングのエキス吸収でセ界のキングになる

2019/12/7(土) 7:30配信

デイリースポーツ

 ヤクルト・村上宗隆内野手(19)が6日、大阪市内で「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」に初参加した。今季36本塁打の新人王は、同席した西武・山川を質問攻め。2年連続パ・リーグ本塁打王のエキス吸収を、どん欲に試みた。

【写真】三塁で守備練習する村上

 ズバリ尋ねたのは「飛ばすコツを教えてください」。打席の中で遠投の感覚で体を使うという山川の答えを、興味深げに聞き入った。「小さく振らないで欲しい。来年は(本塁打数で)勝負しよう!!」とエールを送られると笑顔。「(遠投の意識は)初めて聞く言葉だった。参考にして来年もたくさん打てるように、少しでも近づけるように頑張りたい」と目を輝かせた。

 メーカーには、バットのマイナーチェンジを要望。長さ約86・4センチ、重さ880グラムはそのまま、今季終盤に使った中長距離打者タイプのグリップ部分を「振りやすさを求めた」とわずかに細くする。

 「試す時期は今しかないので」と村上。新バットに加え、先輩の“金言”も自分のものにできれば、本塁打王の座も夢ではない。

最終更新:2019/12/7(土) 7:46
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事