ここから本文です

SF的なごっこ遊びが捗る……! フィギュアの「培養ポッド」や「エネルギータンク」になるディスプレイ遊び用アイテム発売

2019/12/7(土) 21:35配信

ねとらぼ

 コトブキヤから2020年4月に、フィギュアのディスプレイ遊びに特化したアイテム「ギガンティックアームズ オメガリアクター」が発売されます。「再生カプセル」「研究所の培養ポッド」「エネルギータンク」などなど……妄想が捗る見た目が素晴らしい。

【他の画像】フィギュア遊びの例

 緑色の円柱水槽のような「ストレージリング」はクリアー成型。リングという名前通り、複数の輪っかを重ねて連結させており、ストレージリングを追加すれば高さ(容量)の拡張が可能です。そのため複数セットを使用すれば、150ミリ相当のモデルも内部にディスプレイできます。リングにはキャラクター保持用の「支柱あり」タイプも用意。

 ストレージリングを覆う外部カバーは、放射状に開閉でき、また分解して装甲板のようにも使えます。こちらもアタッチメントを用いて連結できる仕様なので、延長することが可能です。なお、内部の反射板はメッキ加工済みで、未塗装でも美しい仕上がりとなっています。また本体を支える部分は脚部や根本に可能軸があり、角度調整が可能。

 使い方はすべてユーザーの妄想次第といった感じで、外部カバーを外してストレージリングを拡張することで「培養ポッド」風にするもよし、逆にストレージリングを外せば「レーザーキャノン(または人工衛星)」風にもなったりと、ディスプレイ用途はいろいろありそうです。

 価格は3800円(税別)で、1セットにストレージリングは通常タイプが4個、支柱ありタイプが1個付属します。またストレージリングのみでも販売されます(同個数セットで税込1100円)。ディスプレイ遊びの例はコトブキヤ公式ブログでいろいろと紹介されているので、気になる方はそちらも確認するといいでしょう。



(C) KOTOBUIKYA

ねとらぼ

最終更新:2019/12/7(土) 21:35
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事