ここから本文です

人気女優 共演者と激写されても…夫の無実を信じる

2019/12/7(土) 9:35配信

デイリースポーツ

 ジェシカ・ビールは夫ジャスティン・ティンバーレイクが浮気をしていないと信じているようだ。先月に「パルマー」の共演者であるアリーシャ・ウェインライトと手を握り合っている写真が激写されたことを受け、つい先日、インスタグラムに妻ジェシカに対する謝罪コメントを掲載していたジャスティンだが、浮気をしていないとする夫の言い分をジェシカは信じているという。

 関係者はピープル誌にこう話す。「ジャスティンはチャーミングで社交的な人です。それにもちろん、今回の件においては飲みすぎていましたが、ジェシカは浮気したわけではないと信じています。いつも彼のことは信じていますから」「2人はこの一件を乗り越えることでしょう。公にジャスティンが謝罪したことは良いことでしたが、もちろん実際の償いはプライベートにしています。今回のことがただの酔っ払いの行動であったことを願いますね」

 ジェシカとの間に4歳の息子を持つジャスティンは、飲酒により「判断力にひどく欠けた」ことで、家族に恥ずかしい思いをさせたことを後悔しているとコメントを出していた。

 その際ジャスティンはこう綴っていた。「できるだけゴシップには耳を貸さないようにしていますが、僕の愛する人々を傷つける噂が流れていることから、家族のために発言する必要を感じました」「数週間前、僕は判断力にひどく欠けた様をみせてしまいました。しかし、僕と共演者の間には何も起こらなかったことだけは、はっきりさせていただきます」「あの夜は飲み過ぎていて、自分の行動を後悔しています。もっと賢くあるべきでした。息子の手本となるような行動ではありません。恥ずかしい状況を経験させたことを僕の素晴らしい妻と家族に謝罪します。そして最高の夫、そして父親となることに集中していきます。これは、それから外れるものでした」(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:2019/12/7(土) 9:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事