ここから本文です

米政権、大統領弾劾公聴会欠席へ 「茶番」と批判、対決鮮明

2019/12/7(土) 10:14配信

共同通信

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは6日、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡り野党民主党が進める弾劾手続きを「茶番」と批判し、下院司法委員会が9日に開く第2回公聴会について1回目に続き出席しない意向を示した。米メディアが伝えた。年内の下院本会議での弾劾訴追を目指す民主党との対決姿勢をさらに鮮明にした。

 民主党は来週中にも司法委で弾劾訴追状(起訴状に相当)を完成させるため作業を急いでいる。ホワイトハウス側には出席拒否により、民主党が多数派を握る下院で一方的に手続きを進めたと世論に印象付ける狙いがありそうだ。

最終更新:2019/12/7(土) 10:14
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事