ここから本文です

全英シングル・チャート、トーンズ&アイが10週連続トップで女性アーティスト最長タイに

2019/12/7(土) 13:30配信

BARKS

今週のUKシングル・チャートは、トーンズ&アイの「Dance Monkey」が10週連続で1位に輝いた。ホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」(1992年)、リアーナの「Umbrella」(2007年)と並び、女性アーティストの最長記録に到達した。

◆トーンズ&アイ画像

今週はトップ4に動きがなく、ルイス・キャパルディの「Before You Go」が2位、エド・シーランとBurna Boyをフィーチャーしたストームジーの「Own It」が3位、デュア・リパの「Don’t Start Now」が4位をキープした。

新たにトップ10入りしたのは2曲あり、この時期の定番、マライア・キャリーのクリスマス・ソング「All I Want For Christmas Is You」が8位に再エントリー。ザ・ウィークエンドの新曲「Heartless」が64位から10位に急上昇している。

アルバム・チャートは、先週、コールドプレイの『Everyday Life』に敗れ2位に初登場していたロビー・ウィリアムスの『The Christmas Present』が1ランク・アップし首位につけた。ロビーにとって、テイク・ザット時代を含み17枚目の全英No.1となった。これは、ザ・ビートルズ時代(15枚)を含むポール・マッカートニーの22枚(ウイングスも含む)、ジョン・レノンの18枚に次ぎ、ジョージ・ハリスンと並ぶ歴代最多3位となる。

ソロ・アルバムとしては13作目で、ザ・エルヴィス・プレスリーと並び、ソロ・アーティストの歴代最多となった。

2位には、ロッド・スチュワートとオーケストラのコラボ『You're in My Heart: Rod Stewart with the Royal Philharmonic Orchestra』が先週の3位から1ランク上昇し、先週初登場1位を獲得したコールドプレイの『Everyday Life』は3位に後退した。

今週新たにトップ10入りしたのは1作のみで、シングル・チャート同様、この時期人気のマイケル・ブーブレのクリスマス・アルバム『Christmas』が7位に再エントリーした。同作は2011年にリリース以降、2015年以外毎年10位圏内に入っている。

Ako Suzuki

最終更新:2019/12/7(土) 13:30
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事