ここから本文です

豊島将之名人の封じ手が開封、竜王・名人誕生か 広瀬章人竜王が踏ん張るか 2日目開始/将棋・竜王戦七番勝負

2019/12/7(土) 9:12配信

AbemaTIMES

 将棋の竜王戦七番勝負第5局2日目が12月7日、島根県鹿足郡「藩校 養老館」で始まった。前日、55手目を初の竜王位を目指す豊島将之名人(29)が封じ手。午前9時前に開封され、広瀬章人竜王(32)の手番で再開した。

【中継映像】広瀬章人竜王 対 豊島将之名人

 同シリーズは開幕から豊島名人が一気に3連勝。史上4人目の「竜王・名人」に王手をかけたが、第4局で広瀬竜王が初勝利。史上3例目となる七番勝負での「3連敗から4連勝」に向けて反撃を始めた。過去の対戦成績は豊島名人の10勝9敗と拮抗。本局の結果次第では、まだまだもつれるシリーズになる可能性もある。

 1日目終了時で、持ち時間の差はわずか。両者とも勝負どころで長考があり、時間の使い方にも注目が集まる。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は豊島名人。

【封じ手時の残り持ち時間】

広瀬章人竜王 3時間28分(消費4時間32分) 豊島将之名人 3時間35分(消費4時間25分)

最終更新:2019/12/7(土) 9:12
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事