ここから本文です

【話題】G-SHOCKの新作はチタン! で、スクエアでフルメタル!

2019/12/7(土) 7:00配信

LEON.JP

いま、“大人に似合うG-SHOCK“を選ぶなら、初代スクエアG-SHOCKの遺伝子を受け継ぐフルメタルモデルGW-B5000でしょう。大人のハズし時計としてはもちろん、大人のデイリーウォッチとしてもバッチリです。

あのフルメタルスクエアモデルから、待望のチタン仕様がついに登場!

1983年に誕生したG-SHOCK。その35周年を記念した2018年、初代モデルのDNAをダイレクトに継承して登場した「オリジン」シリーズのフルメタルモデルGMW-5000は、大人のG-SHOCKとして爆発的人気に。

それから約1年が経ち、待望の新作がついに登場しました! 最大の進化は、ケース、ベゼル、バンド、ケースバックのすべてにチタン素材を採用したこと。チタンは同じ体積のステンレススチール(SS)に比べると、重さは約6割とずっと軽いのに、強度は高い。その上錆びにくく、金属アレルギーが起こりにくいとメリット満載ですが、削れば工具にくっついてしまうなど、加工が大変ムズカシイ。しかも、表面が柔らかいのでそのままでは傷だらけになってしまいます。

そこで、初のチタン製モデルGMW-5000は、表面にダイヤモンドに近い硬さになる強靱なDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)加工を施しました。チタンでもSS同様のタフネスを実現したのです。

軽量で、しかもマットブラックで見た目にもシックだから、ビジネススーツに合わせても悪目立ちしません。つまり、大人のデイリーウォッチにピッタリというわけ。

一方、遊び心を求める方には、カモフラ柄を施したモデルも用意。どちらも異なる魅力を持つので、2本買いしても、仕方ありませんよね。

【GMW-5000TB-1JR】大人シックなマットブラック!

いま、腕時計用としてはベストなメタル素材のひとつ、ブラックDLC加工のチタンをケースからベゼル、ブレスレット、ケースバックと全てに使ったフルメタルのフラットスクエアモデル。マットな質感が落ち着いた雰囲気で、まさに大人のオリジンモデルという佇まいです。

機能は、タフソーラーに世界6局の標準電波に対応した電波時計機能を搭載。さらに、スマートフォンリンク機能によって、スマートフォンの専用アプリから時刻の自動修正はもちろん、アラームやタイマー、ワールドタイムなどの設定まででき、使いやすさも最先端です。

【GMW-B5000TCM-1JR】フルメタルなのにカモフラ柄!!

こちらは、GMW-5000TB-1JRと同じ素材・機能ながら、全体にカモフラ柄を施したモデル。この独特な柄は、大中小の3サイズのドットパターンを組み合わせてレーザーで精密に刻印することで実現しました。これはカシオ自慢の新技術によるもので、ペイントではないので柄が褪せる心配がありません。

遊び心たっぷりの雰囲気にワクワクが止まらない、大人のG-SHOCKの新境地モデルです。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

文/渋谷康人

最終更新:2019/12/7(土) 7:00
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事