ここから本文です

なぜ日本人は100m後半で抜かれるのか? 身体の専門家が語る「間違いだらけの走り方」

2019/12/7(土) 10:10配信

REAL SPORTS

「短距離で日本人選手が結果を出せない理由」について革ジャンを着るという動作に例えて話し、聞き手は「そういうことか」とハッとする。ダルビッシュ有など多くのトップアスリートに体のケアとパフォーマンス向上を任され、治療だけにとどまらず幅広くトレーニングのサポートを行っている植野悟がスポーツにおける体の動作の基本について語った。

皆川と二人三脚で得た体の構造と力の関係

過去、メジャーリーガーのダルビッシュ有や松坂大輔などのトップアスリートをフィジカル面でサポートし、現在も女子サッカー・なでしこジャパンの岩渕真奈など多くのトップアスリートの体をケアする植野悟。トーレーナー、コーディネーター、鍼灸師、パフォーマンスコーチ、治療家……スポーツ界で知る人ぞ知る彼の仕事ぶりを一言で言い表すのは難しい。今に至るきっかけはすべて元アルペンスキー日本代表選手の皆川賢太郎との出会いだと語る。二人の間に何があり、日本を代表するアスリートを支える存在にまでなったのか。

――アルペンスキー選手の皆川賢太郎さんの専属トレーナーになったことで、現在の治療家としての基礎が築けたと聞きました。

植野:出会ったのは、彼が前十字靭帯を断裂したあとでした。専属トレーナーの募集を知り合いから耳にして面接を受けました。後日、「お願いしたい」と連絡が入り、皆川くんが第一声に発した言葉に驚きました。 
 「僕の体で失敗して構わないから、次に診る選手を治してほしい。そのために自分についてほしい」
 当時彼は24歳で、ちょうどアスリートとして脂が乗ってきていた時期です。でも、当時の医療技術では、前十字靭帯断裂はアスリート生命に関わる大ケガ。少しずつ復帰した事例も挙がっていましたが、まだまだ難しいというのが一般的な考え方でした。

――復帰を目指した契約1年目はどんな成績だったんですか?

植野:ずっと負けっぱなし。ただ、シーズンの最終戦、オーストリア選手権のことは生涯忘れられません。斜面変化をターンし切れず、コースアウトしたんです。それを目にした瞬間、僕の心に「このままじゃダメだ。自分が変わらなきゃ」という決意が湧き起こりました。それまでは治療家として感覚的に体をケアする毎日を過ごしていました。でも、それを見たときに「ただ治療していればいい」という感覚を一切捨てようと思いました。
 何がどうなったら、どうなるのか?
 一から体の構造と力の関係を見直しました。スキーをはじめ、スポーツは全般的に重力と加速と遠心力のバランスを保ちながら動くことが求められます。つまり、この3つの力に対して体がどういう反応をしているかがバランスを保つか崩すかを左右するんです。
 スキーを滑るとき、体にかかる重力は普通の速度で80~100kg、ターンでも200~350kgくらいと言われています。それに対し、それぞれのシチュエーションで「どう動くのが一番いいのか?」を皆川くんと一緒に考え続けました。
 当時のカメラは、今のようにスーパースローなんて便利なものはありません。コマ送りをしながらテレビ画面の上にサランラップを貼っては、その上に線を引いて「これがこうなって、こうなったから……」と解析していきました。どう動いているときは良くて、どうなったらダメで、の繰り返しです。
 そうやって毎日過ごしていると、ミスなどのトラブルは何も考えずに自分たちがスキーに向き合っていないときに起こるものだと気づきました。だから、皆川くんとは「まず、毎日向き合うことから始めよう」と話し合いました。「失敗し続ける一年でも話し合いを継続した一年はムダではない。でも、調子が良くても話し合いを継続できない一年はムダだ」と。少しずつ自分たちの価値観を変えていきました。

――何をキッカケに、重力と加速と遠心力のバランスを保つことに気がついたのですか?

植野:そもそも僕がスキーの経験がなかったことがキッカケです。斜面に立つと、急に立つことすらできなくなりました。傾斜がきつくなると、勝手に加速するし、遠心力も大きくなる。それで僕の中では、「スキーって重心が離れていく感覚があるな」と感じました。「体から重心が一定以上離れると倒れるな」と。だから、重心を離さないように保たないといけないのだと考えました。サッカーのターンも同じです。重心が体から一定以上離れると倒れてしまう。つまり、重心が体から外れすぎないようにどうコントロールするかがバランスを保つのに大事なことです。

――もう少し具体的なイメージを教えてください。

植野:イメージしているのは、コマです。キレイに回って安定しているときは、外に向かって均等に遠心力がかかっています。でも、遠心力が不均等になり始めると、一気にグラグラと揺れ始めます。遠心力が保たれているときには、同時に中心に対して求心力も均等に加わっています。バランスを保つという意味では、重力と加速と遠心力の構造は人間もコマも変わりません。
 ただ何が違うかといえば、物体の形状です。
 人間には関節があり、頭や足、手や胴体などのパーツが存在するため、さまざまな動きの中で体全体のバランスを保つためには、その時々で重心を動かさなければ体の中に収めることができないのではないか、と。

――一般的には、重心を固定させるような言われ方をしています。

植野:中心は動かないですが、重心は動きますし、時には体から離れます。たぶん、みなさんは重心を一箇所に安定させてとどめようとするから、まっすぐ走るときに股関節を重視する傾向にあります。この理論は、どれだけ股関節を安定させて上手に動かせるかが速く走る良し悪しになっています。つまり、速く走るカギを握るのは、その股関節を動かす筋肉“腸腰筋(腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群)”の大きさです。
 だとすると、日本の選手は海外の選手には勝てないんです。なぜなら欧米人の腸腰筋は日本人の1.5~2倍、黒人の腸腰筋は2~3倍あると言われているからです。
 例えば、100m最速を競い合ってきたウサイン・ボルトやジャスティン・ガトリンの走りを観察すると、彼らが走っているときは体がクネクネと動いています。ようするに、あれは重心が体の中を動いているわけです。右足が地面に着いているときと左足が地面に着いているときと、重心が同じ場所にとどまるわけがないんですよね…。
 でも、日本の多くの選手は重心を一箇所にとどめるものだと勘違いしているから思うようにスピードが出ないのだと思います。よく重心は軸に例えられますが、仮に軸を中心に保たなければならないとするなら、100mの選手はエネルギーを前に使わなければいけないのに、中心に保とうと左右のブレを真ん中に抑えようとする力も使っていることになります。これは、かなり力をロスしていますよね。こう解釈すると、日本の選手が100mの後半にスピードが伸びず、海外の選手に追い抜かれている理由が説明できます。

1/4ページ

最終更新:2019/12/7(土) 10:10
REAL SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事