ここから本文です

SuicaやQUICPayが使えないスタバでスマホ決済する方法

2019/12/7(土) 8:01配信

&GP

スターバックスコーヒーの支払いでは、プリペイドカードの「スターバックスカード」が使えます。しかし、基本的に「Suica」や「QUICPay」のような電子マネーによる決済や、QRコード決済などは使えません。スマホメインのキャッシュレス生活に慣れて財布を持ち歩かないことが増えた人にとっては、ちょっとした難関です。そんなスターバックスのレジでの決済を、スマホで済ませるにはどうしたらいいか知っていますか?

【もっと写真を見る】

スターバックスアプリを使う

実はスマホにスターバックスカードを登録して使う方法が、主に2通り存在します。

1つ目の方法は、スマートフォンのアプリストア(AppStoreまたはGoogle Playストア)からインストールできる「スターバックスジャパン公式アプリ」を使う方法です。同アプリ内に用意された「Pay」タブに「Digital Starbucks Card」を登録しておき、レジでの決済時に提示します。

まず、物理カードのスターバックスカードを持っていない人は、同アプリの「Pay」タブから、「Digital Starbucks Cardを発行」をタップ。次画面で、カード情報、紛失届設定(本人確認情報)を入力します。利用規約を読み、「同意して登録する」をタップして発行完了です。

また、すでに物理カードのスターバックスカードを持っている人は、同じく「Pay」タブで、登録したいカード裏面に記載された16桁のカード番号と4桁のPIN番号を入力し、「次へ」をタップします。次画面でカード情報、紛失届設定(本人確認情報)を入力。利用規約を読み、「同意して登録する」をタップすれば、準備完了となります。

なお、複数のカードに分かれてしまうと管理が面倒なので、後述する「LINE」を使った方法を併用したい人は、先にLINEでの操作を行っておくことをおすすめします。

残高をチャージするには、使用するカードを選択した状態で、「入金」ボタンをタップし、入金額と支払い方法を指定して「次へ」をタップ。設定したパスワードの入力、または生体認証によって認証が完了すると、残高がチャージされます。ここでの支払い方法は「クレジットカード」か「Apple Pay」(iOSのみ)を選択できます。

あとは店頭レジで「支払い」をタップし、画面に表示されたバーコードをレジで定時して読み込んでもらえば支払いが行えます。

1/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 8:01
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事