ここから本文です

義両親のホンネを聞いた。気持ちは嬉しいけど「お嫁さんからもらって困ったプレゼント」。これは知っておきたい…

2019/12/7(土) 21:40配信

kufura

母の日や父の日、誕生日など、夫の両親へのプレゼント選びに頭を抱える方も多いのでは? チープ過ぎても失礼だし、去年贈ったものと同じというのも味気ない。だからといってあげないわけにはいかない……。では、当事者である義両親はお嫁さんからのプレゼントをどう思っているのでしょうか。

今回は、結婚した息子を持つ方々に「お嫁さんにもらって困ったプレゼント」を調査しました。大多数が「何でも嬉しい!」「特に困ったプレゼントはない」「プレゼントしてくれる気持ちだけで本当に嬉しい!」という声でしたが、なかにはお嫁さんには直接言いにくいけど……と、義両親の本音が聞こえてきました。

高額な「ブランド品」は扱いに困ります…

「高価なブランド品のポロシャツをプレゼントされたこと。高級品なので普段着として着用出来ず困りました」(71歳/男性/その他)

「フランス土産として、ブランドのバッグをもらったが、普段使いには向かないし、よそ行きにも固くて使い勝手が悪い。かといって売るわけにもいかず困っている」(77歳/女性/主婦)

「ブランド品のボールペン。すでにリタイアしており、使う場面がなかった」(75歳/男性/その他)

普段からブランド品や高価なものを身に着けている方は、喜ばれるかもしれませんが、ブランド品にあまり興味がないという方もいます。そのような方はブランド品をもらっても普段使いできず扱いに困るとのこと。

さらに、「バレンタインデーのチョコレートセット(高級なもの)。高そうなものをもらって、なにか申し訳ない気分になった。お返しを何にすればよいのかも、分からなくて困ってしまった」(57歳/男性/医師)と、高価なものすぎると、かえって相手に気を使わせてしまう可能性もあるようです。

「お酒」は要注意!ドクターストップで飲めないケースも

「日本酒。糖尿病のため、ただいま禁酒中。飲みたくても飲めない」(66歳/男性/その他)

「きついお酒をもらったが、医者からお酒を止められているので飲めない」(70歳/男性/その他)

以前はお酒が好きで毎晩、晩酌をしていたお義父さんも、健康面からドクターストップがかかっている場合も。せっかくもらっても飲めないから申し訳ない、との声もありました。

1/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ