ここから本文です

お弁当がひとかけで彩り鮮やか!「ぶぶあられ」って?

2019/12/7(土) 12:10配信

magacol

子どもが同じ学校に通っている島田さんと安岐さん。お弁当を持参する日もあり、子どもに喜んでもらえるようなかわいいグッズ、食材の情報交換を行うことも。2人の最近のおすすめは近所の食材のセレクトショップで購入した「ぶぶあられ」です。

京都発!カラフルな色使いがかわいい 「ぶぶあられ」って?

ぶぶあられとは、もち米でできた直径2mmほどの小さい丸いあられです。白、緑、黄色、赤、オレンジの5色のあられが入っていて彩りが豊かなのが特徴。それぞれ青のりやクチナシ、紅花などで着色されています。京都ではお茶漬けやお吸い物のトッピングに使うことが多いそう。カリッとした食感と、無塩なのでもち米そのものの味を楽しめます。

お弁当におすすめ!アレンジレシピ2選

【1】カラフルおにぎり

材料(小さめ3個分)
ご飯…茶碗2杯分、ぶぶあられ…30~40g

つくり方

【1】温かいご飯にぶぶあられを入れ、お米を潰さないようにさっくり混ぜる。

【2】好きな形に握って完成。
「混ぜご飯の素より彩りがあるのでお弁当にぴったりです。ふりかけ感覚でパラパラとご飯の上にかけるだけでも◎。ぶぶあられ自体が薄味なので、もし塩気が足りない場合は塩で調節して」(安岐さん)

【2】エビの天ぷら

材料(2人分)
むきエビ…200g、卵黄…1個分、薄力粉…大さじ3、ぶぶあられ…適量、酒、塩、こしょう…各適量

つくり方

【1】むきエビは酒をまぶし、キッチンペーパーで拭き取り軽く塩、こしょうをまぶしておく。

【2】卵黄、薄力粉を混ぜたボウルに(1)のエビをくぐらせてから、ぶぶあられをエビ全体につける。

【3】130~140度の油で揚げる。「パン粉の代わりにぶぶあられを使いました。色をきれいに出すために、低温の油でさっくりと揚げるのがポイント。あられの食感も楽しめる揚げ物です」(島田さん)

その他クルトンの代わりにサラダに散らしたり、料理が手軽にカラフルな見た目に変身する「ぶぶあられ」。お弁当や普段の食事だけでなく、華やかに仕上げたいパーティメニューに使うのもおすすめ。通販で購入もできるのでぜひ試してみて!

京の五色あられ(ぶぶあられ) 90g¥480(税込)

最終更新:2019/12/7(土) 12:10
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事