ここから本文です

家族を失った人々の再生を描く『月の獣』を4年ぶりに

2019/12/7(土) 7:05配信

ぴあ

社会派作品から『おっさんずラブ』まで、硬軟自在の存在感を見せる眞島秀和。ダメ男にベタボレのヒロインを演じた映画『愛がなんだ』で、鮮烈な印象を残した女優・岸井ゆきの。このふたりが夫婦役を演じる舞台『月の獣』が本日12月7日より東京・紀伊國屋ホールで開幕する。

アメリカの劇作家・リチャード・カリノスキーが、第1次世界大戦中に起きたアルメニア人迫害の実話に基づいて描いた本作。1995年の初演から20カ国以上で上演されてきた物語だ。演出は、2015年の日本初演時にも演出を手がけた栗山民也。共演に、百戦錬磨のベテラン・久保酎吉と、2006年生まれの有望株・升水柚希が名を連ねる。

物語の舞台は、第1次世界大戦の終戦から3年が経った1921年、アメリカ・ミルウォーキー。生まれ育ったオスマン帝国(現在のトルコ)による迫害で家族を失い、アメリカへと亡命したアルメニア人の青年・アラム(眞島)は、同じアルメニア人の孤児・セタ(岸井)を写真だけで選び、結婚する。理想の家族像をセタに強制するアラムと、それに応えられないセタ。そんなふたりの前に、ひとりの少年(升水)が現れる。孤児である彼との出会いにより、アラムの「家族」に対する思いが紐解かれていく……。

身をよじるほど悲しい過去があるからこそ、愛に飢え、それをうまく求められない。欲しくて欲しくて強要すればするほど、それは遠のく。そんな人生を生きていた者たちが、互いの悲しみを知り、やがて「家族」になっていく。そのグラデーションは決してたやすくない。けれど、決して、ありえないファンタジーではない。2019年の孤独を生きる観客の胸に突き刺さる一作だ。

12月23日(月)まで紀伊國屋ホール、12月25日(水)に新潟市民芸術文化会館、12月28日(土)・29日(日)に兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールにて上演。

文:小川志津子

【関連記事】

最終更新:2019/12/7(土) 7:05
ぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事