ここから本文です

大会遠征時の支援拡充へ 県スポーツ振興センターが奄美支部開設 鹿児島県

2019/12/7(土) 13:06配信

南海日日新聞

 一般社団法人鹿児島県スポーツ振興センター(KSPC、園田明理事長、鹿児島市)は1日付で、離島のスポーツ支援を目的に奄美支部を開設した。奄美大島で地域型スポーツクラブを運営するNPO法人ASA奄美スポーツアカデミー(奄美市)と連携し、スポーツ少年団や中高校生の大会遠征時のサポートなどに取り組む。ASAの理事長も務める園田理事長は「奄美と鹿児島の双方のスポーツ振興と支援を目指したい」と抱負を語った。

 KSPCは県内8地区でバスケットボールやサッカーのスクールを運営しながら、子どもたちへの技術指導や栄養指導などを行っている。今後はASAと連携し、奄美の子どもたちが県本土へ遠征する際は練習会場や移動手段の確保などの支援を行う。また県本土から奄美への大会、合宿誘致などにも取り組む。

 KSPC奄美支部長には、奄美大島サッカー協会で女子委員長を務める武野弘嗣氏が任命された。武野支部長は「スポーツの魅力を発信し、世代間の交流を図ることで地域の活性化にもつなげたい」と語っていた。

 KSPC奄美支部の問い合わせは電話0997(54)8687ASAスポーツアカデミー内。

奄美の南海日日新聞

最終更新:2019/12/7(土) 13:06
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事