ここから本文です

テレビのせいで宿題がはかどりません[教えて!親野先生]

2019/12/7(土) 17:02配信

ベネッセ 教育情報サイト

【質問】

うちの子はテレビが大好きで、毎日何かしら見たいテレビ番組があって、宿題に集中できません。しかも、日によって見たい番組の時間帯が違うので宿題を始める時間を揃えることができません。それに、見たい番組を見てから眠いのをこらえて宿題をやるので、寝るのが11時過ぎになることもあります。(せんとくんママさん:小学5年生男子)

親野先生からのアドバイス

せんとくんママさん、拝読いたしました。

テレビのせいで宿題がはかどらないという話は本当によく聞きます。ところが、テレビの見方について何らかのルールを決めている家は意外と少ないのです。ましてや、ルールを明文化して張り出すなど、守るための工夫をしている家は極めて少数です。
困る困ると言いながら、親が毎日思いついたことをガミガミ言うだけという付け焼き刃的な対応が多いのです。本当に問題を解決したいと思ったら、やはりルールを決めることが大切だと思います。

たとえば、次のようなルールが考えられます。
●1日または1週間の上限時間を決めておく
・テレビとゲームを合わせて1日○時間まで
・1週間に○時間まで
・土日は特別に○時間まで
・親も同じように上限時間をつくる

●計画的に見るためのルール
・週間テレビ番組表で見たいものにあらかじめ赤丸をつける
・見たい番組は録画してから見るようにする
・親も同じように計画的に見る

●テレビの消し方
・見たい番組が終わったら5秒以内に必ず消す
・勉強しながら、食事しながら、カバンの仕度をしながら、などの『ながら見』はしない
・親も同じようにこれを守る

●見るための条件
・宿題は夕食前に済ませる
・お手伝いが終わったら見る
・録画しておいて、宿題が終わったら見るという一種のニンジンにする

●ルールを守るための工夫
・ルールが守れたら○、守れなかったら×をつける
・親も同じようにチェック表をつける
・チケット方式にして、テレビを見るときはチケットと引き替えにする(※参照)
・ルールは毎週見直す

※チケット方式
たとえば1週間に14時間と決めたら、週のはじめに子どもに30分券を28枚渡す。
テレビを見るときはこの券と引き替えに見ることにする。
残り時間が目に見えるようになるので抑制が働くようになる。

以上、いくつか羅列しましたが、これらはあくまでも参考例に過ぎません。
我が家の、そして我が子の実情に合わせて、必要なことを決めることが大切なのです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/7(土) 17:02
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事